fbpx

FX初心者がコツコツドカントレードを克服する方法

FX初心者の多くがコツコツドカントレードを経験したことがあるのではないでしょうか?

 

「小さく利益を積み上げたのに一回のトレードで全てを失った…(>_<)」

 

「損切りが出来なくて一瞬にして利益を吹き飛ばして損失で終わる…(´;ω;`)」

 

「コツコツドカントレードを改善しようと思ってもまたやってしまう💦」

 

あなたはこのようにコツコツと積み上げた利益を全て吹き飛ばした経験は無いでしょうか?

 

実際に僕も同じような経験を何度もしており、それに某FX塾でも講師をしている経験があるので大抵FX初心者の行動というのは分かります。

 

ですので、コツコツドカントレードをしている人の“将来”も分かるのですが、このようなトレードをしていると“必ず”次はロスカットをすることになるのです。

 

つまり、「資金を失う」といこと。

 

これでは資産を増やすどころか借金を作って自らの手で最悪の結末を招いているのと同じになってしまいます。

 

その最悪な状況を防ぐ為にも、コツコツドカントレードの改善方法を繰り返し何度も読んで理解を深めてくださいね。

 

■FX初心者が行うコツコツドカントレード

 

FX初心者であれば誰もが通るべき道である「コツコツドカントレード」

 

しかし、その実態は名称みたいに可愛いものではなく、早急に克服しなければ「破産」を招くことになるのです。

 

これは大袈裟でも何でもなく、「FX=怖い」というイメージがあるのはこの「コツコツドカントレード」が影響しているのです…。

 

ですので、今回の記事で確実にコツコツドカンを改善して利益を生み出すトレードが出来るようになってください。

 

そうでなければあなたが破産するのも時間の問題になるので…。

 

<FX初心者が陥るコツコツドカントレードの原因>

コツコツドカントレードはその名の通り、コツコツ稼いだ利益を「ドカーン」と一瞬にして吹き飛ばすトレードです。

 

つまり、「数回の勝ちトレード(利益)を一回のトレードで失う」ということ。

 

いや、人によっては数回の勝ちトレードの利益を吹き飛ばして損失で終わってしまうでしょう…。

 

では、これは何が原因か?と言われれば間違いなく「損切り」と言えるでしょう。

 

しかし、一口に「損切り」と言っても利益に対して適切な範囲内での損切り幅であればドカーンと失う事は有りません。

 

ここで勘のいい方なら分かったかと思いますが、コツコツドカントレードの本当の原因は「損切り幅」にあるのです。

 

損切りが出来ない…

損切りが利益よりも多い…

一回の損切り幅が大きい…

 

思い当たる節はありませんか?

 

そのトレードを繰り返していると「必ず」破産する事になるので今すぐトレードを辞めてくださいね!

 

<コツコツドカントレードの対策方法>

では、コツコツドカントレードの具体的な対策はどうすればいいのでしょうか?

 

これは僕がFX初心者だった頃にも悩みましたし、今でもトレードを教えていると悩む人が多いです。

 

トレードを経験していると「勝てるポイント」というのが分かるようになってきますが、折角勝ちトレードが増えてきてもその利益をドカーンと吹き飛ばしては意味がありません。

 

ましてやそれが損失で終わってしまえば何の為に今まで勝ってきたかと思うくらいです。

 

ですので、FXで利益を出す為にはこれを必ず乗り越えなければいけない問題になるのです。

 

少し話がそれてきたのでここで「対策」について話を戻しますが、コツコツドカントレードを克服する為には「戦略」を立てる必要があります。

 

ただ、「戦略を立てる」と言っても鵜呑みにしてただ立てるだけではなく、それを実行に移さなければ何にも意味がありません。

 

ですが、これが「出来ない人」もしくは「分かってない人」がFX初心者には圧倒的に多いのです。

 

 

損切り設定に引っかかりそうだから損切りを取り消ししちゃった…

 

どうせ値が戻ってくるから損切り設定しない(^^)

 

利益が10pipsで損切り幅が40pipsだから勝てるだろう…(´▽`)

 

 

あなたはこのようなトレードをしていませんか?

 

これではロスカットになるのも必然的であり「当然の結果」と言えるでしょう。

 

そうならない為にもエントリー前に「戦略」を立てる必要があり、そして実際にその戦略通りに行動していく必要があるのです。

 

<戦略を実行することが出来ない人の特徴>

ではここで一旦整理すると、コツコツドカントレードをする人は「戦略立てが出来ていない人」もしくは「戦略を実行することが出来ない人」であることが分かりました。

 

戦略立てが出来ていない人は「戦略を立てること」を意識することで問題解決できますが、問題なのは「戦略を実行することが出来ない人」になります。

 

「立てた戦略を実行することが出来ない」という事はそもそもその戦略に問題があるのか、もしくは、実行する人に問題があるかどちらかになります。

 

前者の場合は成功体験が無いからこそ立てた戦略自体に懐疑心を抱いているので、そこに成功体験を積み重ねる事が必要であり、後者の場合はそもそも「損切り」が出来るようなマインドセットや方法を取り入れなければなりません。

 

ですので、単に「コツコツドカントレードを治したい!」と思っていても人それぞれ原因が異なるので、あなたの原因がどこにあるかを明確化した上で然るべき対応を取らなければいけないのです。

 

この本質を理解しないで上辺だけの対策をしていても同じことを繰り返すだけであり、時間の経過と共に資金が減っていくだけですので注意してください。

 

■FX初心者がコツコツドカントレードを克服する為には損切りが必要

 

では、そもそも「損切り」が出来ない人はどうすればいいのでしょうか?

 

多くの人が悩む「損切り」ですが、これはプロスペクト理論を理解すればその本質を腑に落とすことが出来るかもしれません。

 

『関連記事:FX初心者こそ意識すべきプロスペクト理論の真実』

 

そして、本能的に損切りが出来るようになるためにも何度も繰り返して体にしみこませる必要があり、その為にも「デモトレード」を活用する必要があります。

 

ですので、損切りが出来ない人は何度もデモトレードで実践して「損切り」が苦痛にならなくなるまでひたすら損切りをするようにして下さい。

 

それが出来ない限りは「リアルトレード禁止」というぐらいの覚悟が必要です。

 

少し大袈裟に聞こえるかもしれませんが、そのくらいの覚悟が無ければFXの世界で生き残るのは難しいですからここをしっかり出来るようにして下さい。

 

「投資」が「ギャンブル」にならない為にも必ず意識してくださいね。

 

『関連記事:FXについてのご相談はこちらから』