fbpx
FX初心者

なぜFXは投資初心者に人気があるの?!その理由を徹底解説!

会社員の副業として、はたまた、主婦や定年を迎えた方やフリーランスの方にも大人気のFX。しかし、副業だけにはとどまらず、専業トレーダーとして活動している人も多く、FXトレードだけで年間1億円以上を稼いでいる人も少なくありません。

 

そんな状況が話題になり「FXは、簡単にスタートできて、大きく儲けられる!」ということを、耳にしたこともある方も多いと思います。

 

でもトレードをしていない人からすれば「なぜ、そんなにFXが人気なの?」と疑問に思うかもしれません。

 

そこで今回は「まだFXの事を全く知らない」という方にも分かりやすい形で、イチからFXの人気の理由をご紹介したいと思います!

 

「FX」ってなに???

そもそもFXとは何なのでしょうか?まったく初めてという方に向けて、まずはそこからご説明していきます。

 

FXトレードとは『外国為替証拠金取引』のことを言います。

 

英語で外国為替を意味する『Foreign Exchange』、この2つの頭文字を取ってFXと呼ばれている訳です。

 

まあ正式名称は覚えなくても大丈夫ですが念のため説明しました!

 

話を戻して、FXでは2つの国の間の通貨の価値が日々変わっていくその差の額から利益を得ます。

 

よくニュースで「1ドル何円何銭です」と言っていますよね?

 

あんな感じで、日々刻々と2つの国の間の貨幣価値(レート)が変わっていきます。

 

その上昇や下降の差から利益を得る……このようなイメージがFXトレードなのです!

 

FXが人気の理由とは?

 

それでは、いよいよお待ちかねの『FXが人気の理由』を紹介していきます!

 

主な人気の理由は以下の6つになります。

 

<理由その1>少額のお金で開始することできる

FXが人気な理由、まずその筆頭としてご紹介したいのは「少ないお金で始められる」ということです!

 

その特徴となるのが『レバレッジ』というものになりますが、ビジネス本などでも『レバレッジ』という言葉を使うので馴染みがあるかもしれません。

 

意味としてはFXでもビジネス用語と同じ『てこの原理』を指して使います。

 

そしてFXトレードの場合は「証拠金」というものを入金して、それを基にトレードを行います。

 

そこで登場するのが『レバレッジ』です。

 

実際に預けた金額(証拠金)よりも大きな金額を扱えるのがこの『レバレッジ』になるのですが、それこそが「てこの原理」なのです。

 

例えば日本のFX会社なら、最大25倍までのレバレッジを掛けられます。

 

仮に5万円の証拠金を元手にトレードを行おうとすると、25倍の125万円を分のトレードをすることできるのです!!

 

本来であれば125万円持っていなければ取引できませんがレバレッジ(25倍)を効かせることで元手以上の取引ができるようになります。

 

FXにはこの『レバレッジ』があるので、少ない金額で大きなトレードをすることが出来るのです。

つまり、「その分儲けやすくなる」ということが言えます。

 

これがFXの人気の大きな理由の1つです!

 

但し、このレバレッジは使用するFX会社によって異なるのでご注意下さい。

 

関連記事:どっちがお得?!海外と日本の口座を徹底解説!

 

また、この『証拠金』も株などの他のトレードに比べて、FXの場合は遥かに低い金額からスタートできるのです。

 

日本のメジャーなFX会社はすごく大雑把に言うと大体4万円からスタートできます。

 

そして、中には4千円位からスタートできる会社もあるのです!

 

さらに言えば、海外のFX会社の中には数百円とかからスタートできるところもあります!!

 

しかし、最初はだれでも大きなお金を使ってトレードを始めるのは怖いですよね?

 

「最初は失敗しても良いように、少額から始めたい!」と誰もが考えると思います。

 

そういった声を広く反映させたのがFXであり、単位も数千円、数百円、といったところから始められるのです。

 

※証券会社によりことなります。

 

こういった「スタートする時のお金が少なくて済む」というのは大きなメリットですよね!

 

<理由その2>平日の24時間いつでもトレードができる

取引できる時間が長ければ長いほど、成功するチャンスが多くなります。

 

というのも、働いているサラリーマンだと日中はトレードができなくなってしまいます。

 

しかし、夜にトレードすることができればしっかりと分析することができるのでチャンスがその分増えるのです。

そしてFXは土日を除く平日の24時間いつでもトレードできます。

 

つまり、これは物凄いチャンスが大きいと言えるのです。

 

私は以前サラリーマンをやっていましたが、トレード時間が長いことがFXを始めることにした決め手になったと言っても過言ではありません。

 

例えば日本の株の場合は、

 

【午前の部】

午前9時~午前11時半

 

【午後の部】

午後12時半~午後3時

 

このようになります。

 

しかし、FXは世界中で行われている各国の為替取引の時間に参加できます。

 

つまり、日本、ロンドン、アメリカなど世界各国で順々にどこかの相場が開いているので「24時間」FXのトレードができるのです。

 

土日は世界共通でお休みですが、それ以外のウイークデーは24時間トレードすることができます。

 

しかし、市場が活性化される時間帯はそれぞれの国の時間帯になるので注意してください。

 

ただ、チャレンジできる回数が増えることには変わりはありません。

 

(勿論投機なので失敗のリスクもその分増加します)

 

けれどもこの「24時間トレードできる」という点はかなり大きなメリットと言えるでしょう。

 

日中は仕事や育児、家事で忙しい人でも夜中までトレードできるのがいいですね。

 

<理由その3>FXなら上昇でも下落でも利益が狙える

例えば、一般的なビジネスだと「安い値段で仕入れて高くなった時に売る」が普通ですよね?

 

それはFXでも同じで、例えば通貨の価格が安い時に買って、それが高くなった時に売れば儲かります。

 

しかし、FXの場合はその反対の場合にもチャンスがあるのです。

 

どういうことかというと「高い時に売って安い時に買うとその差額で儲けるということができる」ということです。

 

(少しここがイメージしにくい所かも知れません)

 

ただ、ここで一気に理論立てて説明してもかえって難しくさせる可能性があると思うので、ここでは「上がっても下がってもどちらにもチャンスがある」ということだけ頭の片隅に覚えてもらえれば大丈夫です。

 

少しFXっぽく言うと、『買い(バイ)』でも『売り(セル)』でもエントリーできる、ということです。

 

ちなみにレートが上がることで利益を得るエントリーを「買いで入る」と言ったり「ロング」と言ったり、「バイ(buy)」と言ったりします。

 

これに対して、レートが下がることで利益を得るエントリーを「売りで入る」と言ったり「ショート」と言ったり「セル(sell)」と言います。

 

<理由その4>大半の会社が手数料ゼロ

FXの人気の理由4つ目として、大半のFX会社が、トレードの取引手数料をゼロ円で対応してくれるということがあります。

 

(海外口座の場合は10万通貨の毎に5ドル~10ドルの取引手数料を取る場合が多いです。)

 

それを聞くと「怪しい…それでは、どうやってFX会社は利益を出しているの?」と思ってしまうかも知れませんね。

 

しかし、FXには『スプレッド』というものがあります。

 

前述している取引手数料と似ていますが、ここで指すスプレッドは売買手数料を指しています。

 

実際にポジションを保有すれば分かりますが、初めのポジションを持つ場合はスプレッドが掛かるのでマイナスからスタートするのです。

 

では、ここで一つの例をご紹介します。

 

例えば、アメリカのドルと日本の円のトレードの際に、ドルが1ドル109円の時に売り(ショート)でエントリーします。

 

するとこれが1ドル110円になったとすると、この時の利益はいくらでしょう?

 

少し考えてみてください。

 

……

…………

………………

 

正解は1円分の利益です。

 

しかし、厳密にはさきほどの「スプレッド」というものが発生します。

 

例えば、日本のFX会社で一般的に設定されていることが多いのは、先程のアメリカのドルと日本の円のトレード(ドル円)の場合「0.2銭」のスプレッドです。

 

先程のケースで言うと109円でエントリーした時に、スプレッドが乗って109.02円からスタートすることになります。

 

つまり、マイナスからスタートするということです。

 

それが109円になるとどうなるでしょう。

 

何もなければ、1円分上がったので1円の利益がでる所ですが、スタート時にスプレッドが乗って109.02円からスタートしている訳ですから、実際の利益は99.8円の利益になるということです。

 

少し印象が悪い言い方かも知れませんが、この場合、トレードが「0.2円損した状態で始まっていく」というと分かりやすいかも知れませんね。

 

実際のトレードの時にはこの「スプレッド」というのをしっかりと認識した上でエントリーしなければいけません。

 

ですので、短期売買を繰り返す人は「スプレッド」だけで年間かなり大きな売買手数料が発生していることになるので注意が必要です。

 

たかが0.2円、されど0.2円です。

 

塵も積もれば山となることを忘れないでくださいね。

 

<理由その5>スワップによる利益が受けられる!

FXには、証券会社ごとに設定が異なる「スワップポイント」とものがあります。

 

これは何かというと、エントリーしている状態、つまり「ポジションを持った状態」でいると、1日分の金利に当たる『スワップポイント』というものが貰えるというものです。

 

例えば、ポジションを3日保有するとスワップ金利が3日分付く形になります。

 

リーマンショック前は多くの人が退職金をすべて金利の高いオーストラリアドルやNZドルに立て替えてスワップポイントだけで生活していたことで有名です。

 

投資家が高額でエントリーして多額のポジションを持ち、1日ごとのスワップポイントを積み重ねて、数ヶ月とか数年とかいった長い期間をかけて、大きな利益を得ていくという方法になりますね。

 

資産家や高額所得者などお金をたくさん持っていて、大きくエントリーできる人なら、こういったアプローチで儲けることもできます。

 

この「スワップポイント」を狙う、というのもFXでできる選択肢の1つですが、為替変動での損失の方が大きいので注意が必要です。

 

それに、日本よりも金利の高い通貨を売る(ショート)と逆にスワップポイントを払わなければならないので気を付けてください。

 

<理由その6>FX会社が倒産したとしても自分の資産は保全される

このように魅力がいっぱいのFXですが、それでは、万が一にも自分がエントリーしているFX業者が倒産になんて事になったら心配ですよね?

 

でも大丈夫です。

 

現在の日本ではそうした倒産でも資産が守られるような制度があります!

 

実際に昔は、そういった場合は、トレーダーのその時点の資産は戻らないケースが多々ありました。

 

しかし、2010年以降、FX会社は、顧客分の証拠金と利益などの資産を、自社資産と分けた上で、信託銀行に託して保管することが義務化されたのです。

 

つまり、信託保全制度ですね。

 

ではもしFX会社が倒産したらどうでしょう。

 

そういった不測の事態が起こった際には…

顧客には信託銀行からお金が戻ってくるようになっています!

 

ただし、この時に注意したいのは「海外のFX会社を使用するときにはこの制度外になる」ということです。

 

ネームバリューが大きい証券会社(海外)は倒産するリスクは少ないですが、念のためこの点はご注意下さい。

 

とはいうものの、日本のFX会社を使用する場合は、こういった制度によって、万が一FX会社が倒産しても守られているので、この点でのリスクはほぼゼロだということが言えます。

 

投資初心者にFXが人気な理由まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回は、大人気のFXの人気の理由をご紹介しましたが、他にもFXの魅力はたくさんあります。

 

人によってどこが魅力的なのかは違ってきますが、個人で資産を増やす選択肢としては決して悪くはありません。

 

ただし、他の副業やビジネスと同様にしてFXにも必ずリスクが存在しています。

 

ですが、そのリスクをコントロールすることで大きなリターンを得ることが出来るのです。

 

実際、私も10年前にFXを始めたからこそ人生が大きく変わりました。

 

今となっては「あのとき勇気を出して初めて良かった」と本当に思います。

 

しかし!!!

 

簡単に稼げるとは絶対に思わないでください。

 

そして巷に広がっている情報をすべて鵜呑みにしないでください。

 

正しい方向性で学ばなければただただ大切なお金を失うことになるので…。

 

そうならない為にもリスク管理は絶対に行ってくださいね。

 

分からなければ本サイトに情報があるのでぜひ一読してください。

 

(無料相談もしているので一人で悩まないでくださいね)

 

関連記事:プロトレーダーが伝授するFX勉強法!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。