fbpx
FX初心者

【朗報】FXのやり方が分からない人が最短・最速でトレードする方法

FXを始めようと思っても「よく分からない…」と嘆く人が多いです。

 

今でこそネットやSNSが普及して情報量が増えたのですが、反対にその情報量の多さが分かりにくさを際立たせているのかもしれません。

 

そこで今回はFX初心者向けに基礎基本をまとめてみました!

 

これからFXを取り組む人やFX初心者はぜひ最後まで読んで下さい。

 

FXのやり方が分からない人が取り組むべき4ステップ

早くFXを始めたい方には、以下の4ステップを行ってください。

 

但し、今回は「トレードまでの流れ」を簡単に説明しているので、トレードをしたからと言って利益が出るとは限らないのでその点はご注意下さい。

 

では先に進みます。

 

ステップ1:自分に合ったFX業者を選択

FXとは外国為替証拠金取引で、外貨の売買によって利益を出します。

 

証券会社またはFX業者の口座で取引するため、どこをパートナーにするのかを決めなければいけません。

 

おすすめは「1,000通貨単位」で取引できる国内業者です。

 

【関連記事:プロトレーダーがオススメするFX業者】

 

ステップ2: 口座開設の手続き

口座開設の手続きは、それぞれの金融機関のホームページから申し込めます。

 

オンラインで住所氏名などの個人情報を入力すると、電話や郵送だけでやり取りするよりも短期間です。

 

マイナンバーと顔写真付きの公的な本人確認の書類が必要になるので準備しておくとスムーズでしょう。

 

ステップ3:証拠金の入金

FXの口座ができたら、次に取引に必要な証拠金を入金しましょう。

 

指定された銀行口座(自分専用)に直接振り込むか、インターネットバンキングによるオンライン手続きのどちらかです。

 

24時間のリアルタイム反映で、自宅で簡単に行えるネットバンキングをおすすめします。

 

ステップ4:注文によって取引開始

口座に証拠金が入っていれば、通貨ペアを選び、買いか売りの注文を出すことでエントリーすることができるようになります。

 

保有したポジションはいずれ決済しなければならず、そのためには反対売買が必要です。

 

安く買って高く売るか、高く売って安く買えば、利益を得られます。

トレードを始めたからと言って利益が出るわけではないので無理なエントリーはしないように気を付けてください。

 

トレード方法を決めよう

FXの取引方法は、ポジションを保有する時間によって区別されています。

 

それぞれトレード方法が違いますが「コレ!」という正解は無いので、自分に合ったトレードスタイルで利益を上げていきましょう!

 

トレード方法①:デイトレード

ポジションを持った日に決済するのがデイトレードです。

 

為替レートは瞬間的に動いているので、場合によっては1秒後の利益確定もできます。

 

細かく利益を狙うのならば、平日の昼休憩や、朝の出勤中の待ち時間がトレードチャンスに変わります。

 

トレード方法②:スイングトレード

当日中に決済しない数日ぐらいの取引は、スイングトレードです。

 

慣れれば1日5分で完了して、利益を最大限まで伸ばせるので、多くのサラリーマンが選択しています。

 

自分が目標としているラインに到達した時点でエントリー、またはエグジットするためには、指値注文などが便利です。

 

トレード方法③:ポジショントレード

相対的に高金利の通貨を持ち続けると、スワップポイントという金利の代わりがもらえます。

 

そのスワップ狙いの長期保有が、年単位のポジショントレードです。

 

外貨預金と比べて売買の手数料が格安になっているものの、スワップポイントや為替レートの動きで予想外の損失を被る場合もあるので十分気を付けてください。

 

トレード方法④:自動売買

各FX業者が独自に提供している自動売買では、システムと選んだロジックに任せられます。

 

自分が注文をしなくても、設定に従って自動的に売買が行われます。

 

勝ち負けによる感情のブレが排除される上に、就寝中や仕事中にも絶好のタイミングを逃しません。

 

多くの自動売買システムは負ける可能性が高いのでご注意下さい。

 

FX初心者はデモトレードと少額投資で成長すべき

FXの上達は、デモトレードから少額投資へとつなげることがポイントです。

 

いきなりリアルトレードを推奨する人も中にはいますが、大切なお金を簡単に失わないためにもデモトレードから始めることをオススメします。

 

ただ、人によって学習スタイルが違うのでリアルトレードから成長する形を選択しても問題ないでしょう。

 

その場合は低ロット且つ損切りの徹底を忘れないようにして下さい。

 

無料のデモトレードで練習

一部のFX業者では、口座開設の前に無料のデモトレードで試せます。

 

バーチャルの資金(仮想通貨ではありません)を使い、本番と同じ環境で売買することが可能です。

 

口座選びのために、メールアドレスを登録してさっそく始めてみましょう。

 

少額投資なら4,000円から可能

1,000通貨単位のFX業者なら、最小4,000円以下から始められます。

 

自分のお金をかけると、デモトレードと比べて一気にプレッシャーが高まります。

 

したがって、負けても微々たる損失で済み、勝っても有頂天になりにくい少額取引がおすすめです。

 

FX初心者は7つの注意点を守ろう

初心者は以下の7つの注意点をしっかりと守ることが大事です。

 

プロトレーダーでも負ける世界に身を置いて、しかもプロトレーダーと同列でお金を奪い合うことを考えてみてください。

 

しっかりとしたルールや注意が無ければすぐに資金を失うことになってしまいます。

 

注意点を網羅してマイルールとして落とし込んでくださいね。

 

トレード注意点①:必ず低レバレッジで取引

高レバレッジにすると、ちょっとした値動きですぐにロスカットになるから、低レバレッジが鉄則です。

 

FXのイロハを学ぶ前に退場しては意味がないので、資金に余裕がある状態で取引の回数を重ねていきましょう。

 

トレード注意点②:スワップポイントを過信しない

金利差であるスワップポイントは、その国の情勢や世界の動向でどんどん変わります。

 

為替レートの急落もあり得るので、スワップ狙いでも経済指標や要人発言、チャートの形をしっかりと確認しておくべきです。

 

あくまでもスワップポイントは「おまけ」として考えてください。

 

トレード注意点③:スプレッドの広がりに注意

取引数が少ない時間帯や、極端な値動きにおいては、スプレッドが大きく広がります。

 

早朝やコロナショックのような大相場では、一時的にスプレッド10pipsも考えられるので、ポジションや注文の管理をしっかりと行いましょう。

 

また、スプレッドが広がる時は値幅も大きく動くので損切りなどの資金管理を徹底するようにして下さい。

 

トレード注意点④:自分が得意な通貨ペアに限定

自分が一番得意な通貨ペアに絞り、それだけで経験を積むことがおすすめです。

 

複数の通貨ペアを対象にすると、値動きの癖や予測がごっちゃになりやすく、また倍以上の労力になって疲弊する恐れがあります。

 

分からなければメジャー通貨である「ドル円」か「ユーロドル」を選択するといいでしょう。

 

トレード注意点⑤:テクニカル分析と重要指標を確認

チャートの形から読み取るテクニカル分析と、経済や要人発言の重要指標も、必ずチェックしておきましょう。

 

最初は分からなくても、続けていくうちに少しずつ値動きのコツが分かってきます。

 

トレード注意点⑥:市場の休日にはノーポジにする

日本のFXは、土日が市場休みです。

 

市場の休み明けには、いきなり前回の終値から100pips以上のジャンプ(窓開け)があり得るので、週末のポジション持ち越しはやめておくことを推奨します。

 

窓開けした状態で始まると損切りも出来ずに大きな損失を抱える可能性があるので注意が必要です。

 

トレード注意点⑦:無認可の海外FX業者は避ける

海外にだけ拠点があって、日本の金融庁の許可を受けていない海外FX業者は、避けておくべきです。

 

口座から出金できない、大勝ちした取引を無効にされたなどのトラブルが多く、何があっても自己責任になってしまいます。

 

海外業者をメイン口座にする場合は注意して下さい。

 

FX初心者が覚えるべき基礎や注意点まとめ

他にもトレードの基礎知識や注意点はたくさんありますが、今回はFXを始めようと思っても「よく分からない…」という方を対象にしました。

 

ですので、必要最低限とトレードまでの大きな流れを簡単に説明した形になります。

 

ぜひブログ内に様々な内容のコンテンツがあるので一度読んでみてください。

 

FXで勝つため、いや勝ち続ける為の“ヒント”が隠されているので。

 

そしてその中で分からない部分があれば専用のLINE@から相談してください。

 

私もFXを通じて人生が大きく変わったのでその手助けができればと思います。

 

共に頑張りましょう!

 

【関連記事:なぜ?!エントリーした瞬間に逆に動く本当の理由】

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。