fbpx
思考・考え方

【注意】FXは辞めとけ!と言われる理由とは?

世間一般では、「FXは辞めたほうがいい」と言われています。

 

実際、私がFXを始める時も「やめとけ!!」と散々言われました…。

 

でも結果的にはその周囲の反対を押し切ってFXをやって良かったと思っています。

 

ではなぜ、FXを始めることに対して「やめとけ!」と全力で止める人がいるのでしょうか?

 

そして私がその反対意見を押し切って、今ではそんなFXを始めてよかったと思うまでにいくことが出来た内容を今回はまとめてみました!

 

ぜひ最後までご覧になってください^^

 

FXはやめとけ!と反対する人の真意

FXに反対する人々の考えを理解すれば、何を言われても受け流せます。

 

むしろ「知らないだけだな」という形で自己解釈することが出来るので、変に不安に駆られることも無いでしょう。

 

ただ、それはFXについて知っている場合に限ります。

 

ですので、もしあなたがFXについての知識が乏しいのであれば、それは単純に他人の意見に耳を傾けていないだけになりかねないので気を付けてください。

 

そうならない為にも「FXはやめとけ!」という人が主張する意見について理解を深めていきましょう。

 

ギャンブルと勘違いしている

FXを辞めたほうがいいと考えている人々は、FXを運任せのギャンブルだと勘違いしています。

 

彼らの頭の中では『ギャンブルトレード=FX』になっており、やれば必ずお金を失うと結論が出ているのです。

 

でも実際にFXは、いつでも発注できる損切りの注文や、預けた金額よりも大きな損失を防ぐためのロスカットが備わっています。

 

それにFXの口座を開設する時にも、リスクについての説明があります。

 

初心者レベルの基礎知識がないまま、自分のイメージだけで他人に語っているのが、FX反対派の実態です。

 

投資を理解していない

投資運用への理解がないことも、FXを一方的に敵視している人たちの特徴です。

 

彼らは、勝って負けてお金を増やしていくのが投資なのに、「1回負けた」「今週はお金が減った」という事実だけで、ギャンブルだと決めつけます。

 

リスクを取ることの意味を曲解している人と話し合っても、平行線です。

 

それにリターンを得るためには、同等のリスクと向き合わなければなりません。

 

ですが、言葉には力があるので、ネガティブな発言を浴び続けるよりも、「FXは辞めておけ」と自分を否定する人には話さない方がいいでしょう。

 

固定観念が強い人だといったところで喧嘩に発展する可能性もありますので…。

 

【参考記事:FXの運用資金はいくらがおすすめ?】

FXを辞めたほうがいいと言われる3つの理由

今から5年前、10年前と比べると投資への理解が深まってきた印象があります。

 

それに、少子化問題やコロナ渦の影響による働き方の変化がそれを後押しした影響も大きいです。

 

ただ、まだまだ投資の概念が普及していないのが現状。

 

では世間的に「FXは時間とお金のムダ」と言われる3つの理由を見ていきましょう!

 

パソコンに張り付かなければいけないから

FXのトレードで勝つためには、1日4時間以上もチャートに張り付く必要があると、よく誤解されています。

 

実際には、1日1時間、僅か10分で終了する投資家も多く、そこまで大変というわけではないのです。

 

現実に、日中は勤務先にいるサラリーマン、家事や育児で忙しい主婦でも、スキマ時間で安定した利益を得ています。

 

ただ、これは経験が増えれば増える程パソコンに張り付く時間も短くなりますが、厳密にいえば「トレーダー=〇時間パソコンに張り付いている」という表現的にはあっている部分もあるし間違っている部分もあるということです。

 

それぞれのトレードスタイルや相場状況によっても変わりますので。

 

ストレスがある上に危険だから

ポジションの含み損によるストレスと、ロスカットによる資金の大幅な減少あるいはマイナスになってしまうことも、FX反対派の大きな根拠です。

 

しかし、どちらも低レバレッジの取引によって、解決できます。

 

FXはトレーダーの裁量によってレバレッジを調整することが可能なので、ここを上手く設定すればいいだけの話です。

 

また、「危険」という部分に関しても、それは自分が許容する範囲以上のトレードをしたことによるロスカットや大きな損失が根本原因としてあります。

 

ですので、そういった部分を制限することで必ずしもストレスが大きく掛かるわけでもないし、リスクを限りなく抑えることだって可能なのです。

 

FXで勝ち続けることは難しいから

試験の問題のような正解がなく、自分の身近でFXを始めた人が損ばかりしていることも、反対派が自信を持っている理由の1つになっています。

 

ところが、FXの成功者は100%の事象はないと考えることから出発しており、発想が全く違うのです。

 

トータルで勝てばいいと割り切って、生活費や貯金に手を出さずに余剰資金の範囲内でトレードをしている人は、早く年間黒字になっています。

 

勝ち続けることは確かに難しいですが、それほどまでに本気でFXと向き合っていないからこそ、諦める人も多いのが現実です。

 

むしろ難しいからこそ挑戦する意味はあると思うし、その先に大きなリターンがあるものだと個人的には思います。

 

知っておきたいFXに向かない人の特徴

下記のいずれかに当てはまる人は、FXを辞めておいたほうが賢明でしょう。

 

大切なお金を失う前にFX自体をやめるのか、もしくはその考え自体を改めるか、いずれかの選択をすべきかと思います。

 

厳しく感じるかもしれませんが、それほどお金を失ってほしくないと思っているのであり、過去の私と同じようにロスカットをしてどん底を経験して欲しくないと思う本心からです。

 

ですので、下記に1つでも当てはまる場合はいずれかの選択をしたほうがいいでしょう。

 

チェック①:全ての取引で確実に勝ちたい

自分が負けることが嫌な人はFXとの相性が悪くなります。

 

なぜなら、FXは最終的に黒字にする投資であり、100%勝つことがほぼ不可能になっているからです。

 

むしろ勝ちを意識しすぎると損切りによる損小利大ができず、腕が良い人でもお金を減らし続けてしまいます。

 

損切りは、初心者が相場を続けていくための、最初のハードルですのでここを忘れないでください。

 

チェック②:資金管理ができない

すぐに支払いで使用するお金をFXに投入するなど、基本的な資金管理ができない人も、「FXをやっても意味がない」と言われて当然です。

 

FXではお金の増減のバランスを取り続けるため、投資と消費の区別もついていないレベルでは話になりません。

 

これは、FXに限らず、お金を減らすリスクを背負う投資全般における共通点です。

 

チェック③:取引の問題点を改善しない

お金に執着しすぎず、自分の取引をじっくりと分析することで、様々な角度から考えてみましょう。

 

地道に自分の問題点を洗い出し、負けた原因を消していくことが大事です。

 

過去のミスを反省して、新しいルールで実践できるトレーダーになれば、投資で成功する可能性が高まります。

 

負けから学ぶ貪欲な姿勢が厳しいFXの世界で生き残る秘訣ともいえるのです。

 

FXは辞めろ!と言われない為にも必要なこと

確かに「FXをやめておけ」という人の理由も分かります。

 

その意見を素直に聞いた方がいいと思う人もいるでしょう。

 

しかし、そのように失敗する人は必ず何かしらの原因があり、怠っている部分があるのです。

 

ではどうすればいいのか?…

 

以下を読み進めてください^^

 

損切りのルールを作って守ろう

リスクの許容範囲は損切りルールによって管理できます。

 

FXを知らないか、もしくは勉強もせずに大損をしたことで、必要以上に恐れている人の意見は、話半分で聞き流しておきましょう。

 

なぜなら、自らリスクを軽減あるいは回避することでFXは心強い味方になるからです。

 

ですが、反対にそれが出来なければ「FXを辞めておけ」という忠告を守った方が良いことになります。

 

ですので、自分のルールを守って、何があろうとも徹底するようにして下さい。

 

常に根拠を持って取引しよう

FXの専門サイトやSNSの情報を過信せず、きちんと自分の考えを持つことが重要です。

 

仮に成功した人が自分の手法を公開していても、自分に合うとは限りません。

 

実践によって結果を出して、常に根拠がある取引をすることを心がけましょう。

 

そしてしっかりとデモトレードで優位性を確認した上でリアルトレードをするようにして下さい。

 

トレードの検証と改善を繰り返そう

自分のトレードを記録に残して、定期的に見返している投資家はどんどん成長していきます。

 

取引の前後にどういう思考をしていたかのトレード日誌もおすすめで、成功者の大半が復習をしているのです。

 

それに少額から始めれば、低リスクでFXの勝ち方を学べるし経験を積むことも出来ます。

 

慣れてきた段階で増資して、「FXはやめておけ」と騒ぐ人々を横目に、自分のお金を増やしましょう。

 

FXはやめとけ!と反対する人の真意まとめ

以上のような理由があるからこそ「FXはやめとけ!」と言われるのです。

 

しかし、実際にトレードしてみれば分かりますが、ある程度リスクは許容できるので、FXをやってない人が思っているイメージと違う部分がたくさんあります。

 

ですが、「すぐ稼ぎたい」とか「楽して稼ぎたい」という理由で始めるのであれば、それは辞めた方が自分の為だと言えるでしょう。

 

結局のところ、全て自己責任でありそれを容認できないのであれば控えるべきです。

 

但し、冒頭でもお伝えしていますが私が今こうして会社に属さないで生活できているのもFXのお陰だと思っています。

 

個人的には本気でFXを学べばそれだけのリターンはあるし可能性もあると思っていますが、だからと言ってそれがすべての人にイコール当てはまるかはまた別の話です。

 

ですので、実際にトレードしてもいいししなくてもいいですが、これらを総合的に判断してFXをやるかやらないかを決めるようにして下さい。

 

他人に「FXはやめとけ!」と言われたからといってやめる必要も無いし、自分の軸を持ってそこらへんは判断していけばいいでしょう。

 

ただ、生半可な気持ちならばFXを辞めた方がいいと思うので、やると決めたのであれば本気でFXと向き合ってください。

 

それでなければ大切な資金を失うだけなので…

 

【参考記事:絶対見るべし!プロトレーダーが教える正しいFX勉強方法】

ABOUT ME
takahiro
takahiro
FXでの最高月収は300万円です!現在はFXコンサルやマーケティングをしながら自由に生活しています。(トレード歴:10年)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。