fbpx

FXで勝ち続けるトレーダーの思考力

FXで「勝つ」ことは簡単ですが、「勝ち続ける」となると難易度が高くなります。

 

それこそ、ネットを検索すればたくさんの人がFXで勝っているように思いますが、実際のところ「勝ち続けている」という条件を一つ加えるだけで、極端に人数が減ってしまうでしょう。

 

FXでは、「一時的に勝つこと」や「短期的に勝つこと」が簡単であるからこそ、このような結果に着地するのであり、初心者や無知な人でも“勘”や“値ごろ感”で勝つ事が出来る世界であるからこそ、勘違いしてしまう人が多いのです。

 

つまり「一時的な利益」「奇跡的な利益」を自分の実力と勘違いしてしまい、時間の経過や相場の変化と共に退場することになってしまうのです。

 

ただ、中には“FXで勝ち続ける人”がいるのも事実ではあります。

 

個人投資家でも大金を稼ぐことができるFXですが、実際に「勝つトレーダー」と「勝ち続けるトレーダー」とでは何が違っているのでしょうか?

 

今回はその真髄に迫りたいと思います。

 

【FXで勝ち続けるトレーダーは抽象度を上げる事ができている】

 

結論から言ってしまえば、FXで勝ち続けるトレーダーとそうでないトレーダーの大きな違いは「思考力」にあります。

 

一口に「思考力」といっても様々ですが、その代表的なものをあげるとするならば“概念の捉え方”になります。

 

簡単にいえば「抽象度を上げる」や「俯瞰する」といった類の言葉になりますが、“抽象概念と具体概念をシンクロさせる”という作業が頭の中でできるか、そしてチャートに落とし込む事ができるのか、という部分がトレーダーとしての成長や実績に大きく影響してくるのです。

 

勝ち続けるトレーダーこそ、自然とこうした考え方が身についているので、特に意識することなく淡々とトレードしているかもしれませんが、そうでない人はこうした考え方を「知らない」もしくは「腑に落とす事ができていない」ので勝ち続けることが出来ないでいます。

 

これは特にFXだけではありませんが、仕事でも勉強でも同じ事が言えて、「出来る」と「知っているけどやらない」、「知っていても出来ない」、「知らない」というのは大きく異なり、“出来る事が確認できた段階で初めて次のステップに進む事が出来る”ので、自分の能力の境界線を認識していることが大切になるのです。

 

そうでなければ、いつまで経っても「出来るけどやらない」とか「なぜ出来ないんだろう」という、言い訳や次元の低い問題で足止めされてしまう事になってしまいます。

 

もしあなたが「出来るけどやらない」という状況を放置しているのであれば、ターニングポイントとなる局面で力を発揮できない可能性があるので、本当にできるかできないかを把握しておく為にも一度試してみて下さい。

 

反対に「気付く事さえできない状況」であるならば、思考力を高めることから始め、まずは情報や変化をキャッチできる状態にまでステージレベルを高める事に努めましょう。

 

このようにして、少しずつ自分の境界線を認識することが勝ち続けるトレーダーに近づく作業になり、その境界線を広げることで自分のステージレベルを高める事ができるのです。

 

【FXでは抽象と具体をシンクロさせる必要がある】

 

FXで勝ち続けるトレーダーとなる為には「抽象度を上げる」ということが必要だといいました。

 

これはエントリーやエグジット、チャート分析する際にも重要になってきますが、FXでは長期時間軸と短期時間軸が存在しているので、この二つの時間軸をシンクロさせる必要があります。

 

その考え方を取り入れる為にも「抽象度を上げる」という思考力が不可欠になりますが、具体的にどうすればいいのでしょうか?

 

たとえば、

 

「あなたの友達はどんな人ですか?」

 

という抽象的な質問に対して、

 

「みんな面白い人達です!」という回答であればあまりにも抽象的ですが、「小学校からの付き合いがある山本君は…」と回答すればそれは具体的過ぎます。

 

その中で「私の友達は“仕事の話をする人”と“プライベートの話しをする人”という2つに分けることが出来ます。これまでは、プライベートの話しをする友達しかいませんでしたが、就職したのを機に“仕事の話しをする人”が新しくできたので、自分の中の友達の価値観も変わりつつあります。最近では“仕事とプライベートの話しをする人”という新たな友達も出来たので、自分の成長や考え方に妥当性があるのか確認しながら過ごしています。このように私の周りには元気や刺激を与えてくれる友達がたくさんいます」

 

という形にすると抽象的であり、具体的であるので、相手にとってもこちらのバックグラウンドを理解する事ができます。

 

簡単にいえば、「抽象⇔具体」といった形でいったりきたりすることによって、相手の“理解力”“解釈力”に依存することなく、伝えたい内容や物事の本質をうまく相手に伝える事ができる、というわけです。

 

この「具体」と「抽象」に「概念」という考えを加えると更に思考力が高まりますが、それはまた別の機会にお話ししたいと思います。

 

FXに置き換えて考えてみると、エントリーやエグジット、チャート分析は実践レベルで「抽象⇔具体」を行う作業になるので、抽象的もしくは具体的だけといったように偏った見方をするのではなく、抽象⇔具体を意識しながら分析や改善を行うようにして下さい。

 

そして一つ上の抽象度から解釈することができればトレードスキル向上や利益にも影響を与えるので、常に抽象度を上げることを心掛けて下さい。

 

勝ち続けるトレーダーは言われなくてもこうした考え方ができているのであり、常に脳が稼働している状態にあるので、些細な発見や問題処理能力に長けています。

 

逆に、勝ち続ける事ができないトレーダーは問題を「問題」として捉える事が出来ないから、表面的な問題や潜在的な問題を見落としてしまいます。

 

FXではランダム性が高いのでチャートも不規則な動きをする局面が散見されますが、その中でもきちんと利益を残す事ができる人もおり、勝ち続けるトレーダーは自然とこのような思考回路ができているのです。

 

FX初心者や負けトレーダーがいきなり勝ち続けるトレーダーになれないように、考え方や思考力もすぐに変えることはできませんが、少しずつ変化できるので頑張って下さい。

 

勝ち続けるトレーダーになる為にも明日からではなく、今から意識するようにして下さいね