fbpx

FXを勉強すると勝てなくなる理由

FXで負ける人の原因としては“知識不足”が大きな割合を占めている場合が多いです。

 

それこそ、「FXは簡単に稼げる」とか「FXで毎日が給料日」といった“FX=簡単”というイメージを抱いて参入している場合が多く、これでは“ネットやメディアの思惑通り”といってもいいほど危機管理が出来ていない状況でトレードを始めていることになります。

 

最近では通貨単位が小さくなった事から、FXへの参入障壁が極端に低くなりましたが、だからといって損失が少なくなるわけではありません。

 

物理的な視点からいえば、通貨単位が小さくなる事で損失も少なくなりますが、多くの場合「ロットの増加」が「資金量の追加」に繋がり、その結果損失が膨らんでしまうことになるのです。

 

【FXでは技術や知識があっても勝ち続けられない】

 

FXを始めた頃はその“リスク”に怯えながらトレードするのでリスク管理が出来ている人も多いです。

 

ただ「リスク管理」といっても、あらゆる点においてのリスク管理ができているのではなく、「ロットサイズ」という一点だけにフォーカスした場合になりますが、それでも適正な範囲内でのロットサイズを守ることができています。

 

しかし、いつしかそのロットサイズさえも増えてしまい、資金を追加して“追証”を逃れるうちに損失も大きくなり、「ロスカット」という最悪の結末に至ってしまうわけです。

 

人間というのは“慣れ”が生じてくるとどうしても油断をしてしまいがちですが、これはトレードでも同じ事がいえて、「リスクに怯えながらトレードしていた頃」と「トレードに慣れてきた頃」では、トレードスタイルが大きく変化してしまうのです。

 

技術や知識は初心者の頃と何も変わらないのに、少しの“経験”が根拠のない自信を生みだし、リスク管理を無視したトレードをすることになるので、資金を減らす事に繋がりますが、単に「技術」や「知識」を増やしたところでFXは勝ち続ける事ができるわけではありません。

 

逆にFXというのは知識が全く無くても勝つことができ、初心者でも簡単に利益を出せることができるので“根拠のない自信”が生まれてしまうのです。

 

つまり、「知識があっても勝てるのではないけれど、知識がなければ勝ち続ける事ができない」というのがFXの特徴でもあり難しさになるのです。

 

「勝つ」と「勝ち続ける」とは大きく異なり、短期的な利益を追求するトレーダーであれば前者でもいいかもしれませんが、長期的な利益を追求するトレーダーになりたいと考えているのであれば、後者を選択しなければなりません。

 

その中で、技術や知識の習得の際にパフォーマンスが低下する時期が訪れますが、利益がでないからといって投げ出してしまえば諦めていると同じです。

 

パフォーマンスに関係なくして成長し続ける貪欲さが勝ち続けるトレーダーには必要になりますが、立ち上がる事ができない程のダメージ(損失)をしてしまえば、元も子もないのでその“理由”となるものをご説明していきたいと思います。

 

【FXの勉強をするほど勝てなくなる理由】

 

FX初心者が大きな損失によって金銭的・精神的ダメージを受ける事で、「本気で勉強しよう」という気持ちになりますが、勉強したからといって損失が利益に変わる程FXは簡単ではありません。

 

それこそ、「知識がついたことによって初心者の頃よりも損失が増えた」と感じるトレーダーも多く、昔の私も同じ経験をしてきました。

 

一見すると相反するように感じますが、これには理由があるのです。

 

<FXは教科書通りにはいかない>

まずFXを本格的に勉強しようと思うと、本で勉強する場合が多いです。

 

図書館で本を借りるのか、書店で本を購入するのか、形こそ違いますが「本で勉強する」という方法に違いはありません。

 

しかし、この「本」というのに問題があるのです。

 

厳密にいえば本が悪いわけではなく、“本という媒体でしか勉強していない環境“が問題になります。

 

確かに「本」には素晴らしさがありますが、書店で売られている多くのものは「どうすれば売れるか?」というビジネスの側面を持ち合わせているので、読んだからと言って利益に直結するわけではありません。

 

それに内容も基礎を掘り下げたものが多く、“読者受けがいい”という視点で構成されているものが多いのです。

 

中には「これを読めば完璧!」、「これであなたもFX上級者!」といった誇大表現がされている本もあり、その文言を鵜呑みにしてしまう人もいるのですが、実際のチャートは教科書通りに動かない局面が多い事を理解して下さい。

 

<トレード技術が向上しているからこそ損失が増える>

FX初心者や負けているトレーダーは「コツコツドカントレード」をしている場合が多いです。

 

これは、利益はすぐ確定するのに対して損失は確定を遅らせるという“損大利少トレード”をしているからであり、損失を先延ばしにすることで奇跡的に同値撤退できたり、場合によっては利益で終える事もあるから、損切りは少ないけど一回の損切りで退場のリスクがある、という特徴をもっています。

 

そして損切りやリスク管理を勉強する事で、これまで行わなかった「損切り」を行うようになり、同値撤退や利益確定で終えていたトレードが損切りで終わるトレードに変わってしまうのです。

 

従って、奇跡的に同値撤退できたトレードや利益確定できたトレードが、損失トレードへと変化してしまうので、「トレード技術が向上しても損失が増える」という一見矛盾するような事が起きるのです。

 

<トレードに迷いが生じる>

勝てないトレーダーは戦略を立てずに“値ごろ感”や“勘”でトレードしていることがよくあります。

 

しかし、技術や知識を習得する事によって、優位性のある局面でのエントリーやトレンドを意識するようになるので、ポジションを持つ際に“迷い”が生じてしまいます。

 

それまではトレードに対してそこまで意識する事が無かったからこそ、勝率もランダムになってはいましたが、技術や知識がついたことによってチャートの見え方にも変化が出る事で、このように“迷い”が生まれてしまうのです。

 

ですが、これは決して悪い事ではなく、トレーダーとして成長している証になるので勝てないからといって技術や知識の習得を投げ出さないようにして下さい。

 

【FXの勉強を続けることが勝ち続けるトレーダーへの一歩】

 

FXの特徴でもあり魅力なのが「初心者でも勝てる」ということです。

 

究極をいってしまえば、“エントリーして上がるか下がるか”という2択になるので、初心者でも勝てる要素を含んでいる事からこそ魅力的に映るかもしれません。

 

しかし、「上がる」という部分を掘り下げてみても、短期時間軸と長期時間軸では見え方が異なるし、それぞれで違う方向へ進んでいる場合もあります。

 

トレンドを形成している時も一直線に上がるのではなく、上下運動を繰り返しながら上がるので、単純に“上がるか下がるか”の2択とはいかないもので、それにメンタルや個人の考え方がトレードには影響を与えるので、エグジットは更に複雑化しているといえるでしょう。

 

このように考えるとFXで「勝つ」ことは簡単であっても「勝ち続ける」事は難しい事が分かります。

 

ですが、技術や知識を習得する事でやがて安定して勝ち続ける事がFXではできるのです。

 

時には負けることもありますが、トータルで見た時に勝ち越している事が重要であり、長期的な視点を持つ事が大切になります。

 

先に述べた通り、FXの勉強を始めると“パフォーマンスが低下する時期”がありますが、それは成長段階であって後退しているのではありません。

 

何をやっても裏目に出る時期で辛いかもしれませんが、勉強することは決して辞めないで下さい。

 

小さな努力を積み重ねる事で、やがて大きな成果に結び付くのです。