fbpx

FX初心者が陥りやすい「ポジポジ病」の克服方法

FXの経験がある人であれば「ポジポジ病」になったことがあるかと思います。

 

ポジポジ病とは、その名の通り常にポジションを保有していなければ気が済まない状態のことで、エントリーの優位性にかかわらずポジション保有してしまうことです。

 

もちろん、“値ごろ感”や“勘”でのトレードになるので勝てるはずもなく、無駄な損失を出してしまうことから、FXで利益をあげていく上では改善が必須になってきます。

 

それに人によってはポジポジ病によって抱えたポジションで“含み損”が発生したとしても「また戻る」、「利益で決済したい」という欲が出てしまい、損切りする事ができずに退場になってしまうケースもあるのです。

 

このようにポジポジ病が原因で相場から退場した人は多く、FXの経験に関係なくしてポジポジ病に悩むトレーダーは数多くいますが、克服することができなければ資金を減らすだけでなく“退場”という最悪の状況と隣り合わせになることを意味するのです。

 

【FXで恐ろしいポジポジ病の原因とは?】

 

一口に「ポジポジ病」といっても原因を掘り下げると人によって違ってきますが、大半の原因は“欲望”にあります。

 

つまり、

 

「利益を出したい」

「儲けたい」

「短期間で利益を出したい」

 

といった“欲”を抑える事ができなくて無駄なポジションを抱える事になってしまいます。

 

ただ、ポジションを保有することと利益が出ることは別問題であり、同時に“リスク”を抱えていることを忘れてはいけません。

 

ポジポジ病になる人の多くはこうした部分の理解が浅いので軽く考えてしまいますが、たった一回のエントリーでロスカットにまで損失が膨らむ可能性がFXにはあるのです。

 

リスク管理ができていればそこまで損失が膨らむことはありませんが、ポジポジ病になる人の原因が“欲望”であることから、“リスク管理”もできていない場合が多くなります。

 

ですので、先ずは欲望を抑えることから始める事が重要になるのですが、これは「メンタルコントロール」の練習が必要になってきます。

 

自分のメンタルコントロールをすることは「ポジポジ病」に限らずトレーダーとしては必要不可欠なことです。

 

たとえば、“損大利少トレード”というのもメンタルコントロールが出来ていないことが原因となりますが、これは「損をしたくない!」という気持ちと「利益が出たら確定させたい!」という気持ちが互いに負の影響を与えて、トレードに損失をもたらしています。

 

これでは「相場の状況や流れを中心としたトレード」ではなく、「自分の気持ちや状況が中心としたトレード」になるので、知らないうちに意識や視点が狭まってしまい、“相場の原理”を無視したトレードになってしまうでしょう。

 

あくまであなたの立ち位置は“相場の中のほんの一部”に過ぎず、マーケットを形成しているのは“その他大勢”であることを忘れてはいけません。

 

【ポジポジ病を克服する方法】

 

ポジポジ病を克服するには「メンタルコントロール」も重要ですが、それ以上に意識しなくてはならないのが「管理する」ということです。

 

管理とは、あなた自身のトレードを管理することであり、具体的には「信頼できる第三者」や「自分自身」で管理する必要があります。

 

信頼できる第三者によって管理してもらう事の方が効果的にはなりますが、この場合は“お金”が発生する場合も考慮しなければなりません。

 

それこそ家族や友達に管理してもらえばお金が発生する事はありませんが、トレード塾やメンターとなる人に管理してもらう場合はお金が発生する場合があるでしょう。

 

ただ、「お金が発生する」という事を否定的に考えるのではなく、肉体改造する為にトレーナーをつけたり、家庭教師をつけるのと考え方は同じで、その先の効果を考えたら身銭を切って第三者に管理してもらった方が時間的にも早く克服する事ができるのです。

 

つまり、ダイエットや勉強と同じで、その「緊急性」「重要度」によってもどの選択肢が適切なのか変わってくることから、“最善の答え”というのは人それぞれ違ってくるわけです。

 

そして自分で管理しようが、第三者に管理してもらおうが、「本気で変わりたい」という気持ちがなければ何も効果を得ることはできないでしょう。

 

では「管理」という抽象的な部分をもうすこし掘り下げてみていきましょう。

 

<ポジポジ病を克服する為には何を管理すればいいのか?>

ポジポジ病は“無駄なポジションを保有してしまう”という事が問題であり、その解決方法として「一時的にトレードを辞める」という選択肢がありますが、それだけでは時間の経過と共に再びポジポジ病になってしまう恐れがあります。

 

なぜなら、「エントリー戦略や検証作業といったトレード自体の管理ができていない」というのが根本的な原因としてあるので、一時的に自分の“欲”を抑える事ができたとしてもトレードをしていくうちにその“欲”が出てきてしまうからです。

 

たとえ“一時的にトレードを中断”したとしても、適当にエントリーしたり大きな損失が出てしまえばポジポジ病になってしまうし、仮に勝つ事ができても更なる利益を追い求めてポジポジ病になってしまうでしょう。

 

エントリー戦略を立てる段階から検証作業を終えるまで、このように一つのトレードが完結するまでの工程を管理する事ができてこそポジポジ病は解決できるのです。

 

多くの人が「ポジポジ病」を克服することができないのには、単に“メンタル面”のみが原因として考えられており、その改善だけにフォーカスしてしまっているので、克服するまで至りません。

 

ですので、本気でポジポジ病を改善しようと思うのなら「トレード管理」をする事と、その管理を忠実に遂行する「メンタルコントロール」が必要になってくるのです。

 

このように考えると、ポジポジ病の克服は決して「簡単」とはいえないので、第三者に管理してもらった方がいいのかもしれません。