fbpx

FXで重要なのはトレード手法ではない!

FXを始めたばかりの初心者や勝てない人は「トレード手法」に意識が集中しがちです。

 

これは、ネットや雑誌であたかも“FXは簡単に儲けられる”といった文言が並べられ、その内容としても「トレード手法」をうたったものが多いことから、このように意識が集中してしまうことに繋がっているのかもしれません。

 

しかし、プロトレーダーでさえ“負ける時がある”という事を考えればFXに“聖杯”がないことを理解できるかもしれませんが、FXで負けが続いている状態であれば判断能力が鈍り、甘い謳い文句に流されてしまうことも理解ができます。

 

ですが、どこかのタイミングでこの部分についての理解を腑に落とさなければ、ずっと「トレード手法」を探し回り、同じ事の繰り返しになってしまうでしょう。

 

そうなることを防ぐ為にも先ずは「トレード手法」だけがFXで重要となるわけではない事を理解する必要があるのです。

 

【FXでなぜトレード手法が重要ではないのか】

 

FXで「トレード手法」が重要ではない理由はいくつかありますが、大前提として「他人のトレード真似したところで勝てるようにはなれない」ということです。

 

なぜなら、人それぞれ“考え方”“環境”というのは違ってくるので、全く同じチャートを見ていても上昇トレンドと判断する人もいれば下降トレンドと判断する人もいるからです。

 

仮にチャートを見ていて、お互いに「上昇トレンド」という認識を持ったとしても、エントリータイミングやエグジット、ロスカットや資金が違えば、当然結果も違ってきます。

 

同じチャートを見ていても“人それぞれ違った視点”があるように、同じトレード手法を使っていたとしても、“人それぞれ違った運用”になってしまうので、結果は“全く同じ”とはならないのです。

 

つまりその人自身が「どのような思考でエントリーしているか」、「何に重点を置いているか」という“考え方”や“思考”が大切なのであり、大事なのはトレード手法ではありません。

 

この部分を理解することなく、「トレード手法」を追い求めているのであれば、その考え方は危険なものであり、大きな失敗をまねく原因にもなりかねないので注意して下さい。

 

【トレード手法を確立できただけでは意味がない】

 

FXでは「トレード手法の確立」がゴールになるのではなく、それはあくまでスタートラインにたったにすぎません。

 

なぜなら、トレード手法を確立できたとしても、その手法通りに運用する事ができなければ利益をあげることはできないし、優位性の無い局面でエントリーしても利益をあげることはできないからです。

 

つまり、トレード手法を確立してその手法を上手く使いこなせて始めて意味がある、ということです。

 

たとえデモトレードで高い勝率を誇る手法でも、リアルトレードで勝つ事ができなければ意味がありません。

 

手法自体に問題があるのか、トレードメンタルに問題があるのか、相場によっては使えない手法なのか、その原因となる部分は分かりませんが、「トレード手法の確立」をゴールに設定していると知らないうちに視野が狭まってしまいます。

 

常に客観的判断を意識して、物事の本質を見抜く立場でいなければ、相場の本質や動きも見えてきません。

 

市場参加者が何に注目しているのか、相場の動きの特徴、ボラティリティの変化、など様々な要因から将来の相場を予測しなければならないので、主観的ではなく客観的な判断が求められるのです。

 

【いくら勝率が高いトレード手法でもリスク管理ができなければ意味がない】

 

勝率8割以上のトレード手法があったとしてもリスク管理ができていなければ相場から退場してしまいます。

 

それこそ“たった一回”のトレードで退場した人を何人も見てきましたし私自身も昔はそうでした。

 

それにFXの世界では「FX初心者が一年後に生き残っている可能性は1割~2割」ともいわれている要因も“リスク管理”ができていないことがあげられます。

 

ただ、この数値は一般的にいわれているだけであって、その確定的な数値を裏付けるデーターというのは存在しないので、実際のところはもうすこし高い数値かもしれませんが、問題はその数値よりも内容です。

 

感覚的な話にはなってしまいますが、私個人的にはこの数値は“当たらずといえども遠からず”という印象を受け、やはりリスク管理や知識不足、技術不足が影響して退場という状況を引き起こしていると思います。

 

しかしながらFXでは“リスク管理”だけできればいいのではありません。

 

トレードには技術はもちろんのこと、メンタルや知識、経験といった様々な要素が必要となるので、これらを意識しなければなりません。

 

その為、これら能力が十分に備わっていないFX初心者が利益をあげることができたとしも、それは“短期間”の話しでしかなく、時間の経過と共にロスカットや退場へと追いやられてしまうのです。

 

このようにFXを“一時的なもの”とするのではなく、“長期的に資産を生みだすもの”にする為にもトレード手法以外にも目を向けていかなければなりません。

 

お金や欲にまみれてこうした土台を無視し続けている以上、「勝つトレーダー」にはなれても「勝ち続けるトレーダー」にはなることができないでしょう。

 

私はあなたには『勝ち続けるトレーダー』へと成長して欲しいのであり、決して「勝つトレーダー」ではありません。

 

勝ち続けるトレーダーへと成長する為にも本気でFXを勉強しませんか?