fbpx

FXで勝てない人の共通点

FXで勝てない人には共通点があります。

 

これは全く同じ相場やチャートを見ているのにもかかわらず、一方では勝つ事ができてもう一方では負けてしまうことからも分かります。

 

しかし、トレードを続けていく上でその“共通点”を理解し改善しない限り、勝てるトレーダーへと成長することは困難となるので勝てないトレーダーは少し意識してみて下さい。

 

【FXで勝てないトレーダーの共通点とは?】

 

FXで「勝てない人」というのは、単純に何かが欠けているから勝てないのではなく、いくつかの要因が重なって勝てない場合がほとんどです。

 

人によっては致命的に何かが欠如している場合があり、その“何か”を克服する事で勝ち続けるトレーダーへと成長する事ができるのですが、多くの場合はその限りではないことを理解して下さい。

 

<勝てないトレーダーの共通点1:トレード戦略が確立されていない>

 

FXで勝てない人は「トレード戦略」が確立されていない場合が多いです。

 

トレード戦略とは、「エントリーする前段階に相場の方向性やエグジットを明確化しておき、自分の定めたタイミングシグナルに沿ってポジションを保有する」ということになりますが、この部分を疎かにしている人が多いです。

 

具体的には、「相場の方向性」や「期待値」、「タイミングシグナルの有効性」…などがありますが、その“判断基準”となるものや“有効性”自体も不明確であるならば、いくらトレードを繰り返しても利益をあげることはできないのです。

 

つまり、“勝てない手法”を繰り返し実践したところで勝てないのは必然である、ということになります。

 

それに、トレード戦略が確立されていたとしても“正しく実行できるかどうか”はまた別の問題となるのです。

 

<勝てないトレーダーの共通点2:リスク管理ができていない>

 

コツコツドカントレードをしている人は、リスク管理ができていない代表的な例になりますが、FXにおいて“リスク管理”をすることは極めて重要な意味を持ちます。

 

リスク管理といっても、ロット数、リスク分散、損切り、両建て、レバレッジ、など様々ありますが、今回に限っては「損切り」の認識で大丈夫です。

 

FXで退場になってしまう人のほぼ100%がこの「損切り」ができないからロスカットしてしまい、退場へと追い込まれています。

 

損切りを徹底する為にIFO、OCO、IFDなど設定したりしますが、「損切りが出来ない人」というのはその注文を取り消してしまう傾向にあります。

 

しかし、これでは全く意味がないのでデモトレードへ戻って損切りを徹底する事から始めて下さい。

 

『関連記事:FXで勝てない人はリスクマネジメントができていない』

 

<勝てないトレーダーの共通点3:メンタルコントロールができない>

 

FXを始める人の多くは資産運用して「お金を儲けたい」という理由があります。

 

この「お金を儲けたい」という気持ちがある事が悪いわけではなく、問題なのはその気持ちがトレードに影響を与えている事です。

 

例えば「損失を確定したくない」という気持ちが損切りを遅らせてしまったり、「負けを取り戻したい」という気持ちが不必要にロット数をあげてしまいます。

 

他にも損大利少トレードになる理由も“メンタルコントロール”ができていない証拠であり、「利益を早く確定させたい」とか「含み損が利益確定出来るかも…」といった精神的な問題がトレードに大きな影響を与えている事が分かります。

 

<勝てないトレーダーの共通点4:検証作業を行っていない>

 

自分のトレードを見直す事で「トレードスキル」が向上していきます。

 

もっというと、トレードを見直すだけでなく改善してく事によってトレードスキルが向上してくのです。

 

しかし、検証作業を行っていないとなるとトレードの見直しや改善ができません。

 

頭の中でトレードの印象こそ残っているかもしれませんが、それはあくまで“印象”でしかなく「不確かな記憶」となるので、勝ったとか負けたという“結果”しか覚えていない場合が多いです。

 

その為、同じ失敗を繰り返す事はできても同じ成功を繰り返す事は出来ないのです。

 

トレードの結果に関係なくして「検証作業」というのは重要な存在となるので、もし行っていない人がいるのであれば今日からでもトレードの検証作業を行うようにして下さい。

 

<勝てないトレーダーの共通点5:何かの責任にしている>

 

トレード結果が「勝ち」で終わったときは自分の“トレード技術”と思い込み、トレード結果が「負け」で終わった時は“誰かの責任”にしている人がいます。

 

誰かの責任というのは、「ネット情報」や「相場環境」、「相場予想」など様々ですが、あくまでFXや投資は自己責任であることを忘れてはいけません。

 

責任所在を他人やネット、相場に押し付けるのであれば、自分で運用するのではなく投資信託などを利用して完全に誰かに運用してもらう選択肢を選んだほうが賢明だと思います。

 

ただ、投資信託といっても必ず利益で終わるのではなく、損失になる可能性もあるのでご注意ください。

 

【FXで勝てない人が勝てるようになるには?】

 

このようにFXで勝てない人には“共通点”があります。

 

これらがすべての共通点を網羅しているわけではありませんが、少なからずこのような共通点があることには変わりはありません。

 

それに、“勝てない原因”というのも一つではなく、複数の原因が重なっている場合が多い事からも「勝てないトレーダー」が「勝ち続けるトレーダー」へと変化するには時間を要することが予想されます。

 

しかし、一つ一つ負けている原因を潰していく事で、勝ち続けるトレーダーへと成長できるのであり、実際に私もそれを経験しているのでこうして言えるのです。

 

ただ、成長を早める要素として「メンター」の存在が重要となってきますが、あなたのメンターとなる人の基準として“稼いでる金額”のみを重視するのは辞めて下さい。

 

ネット技術が格段に成長した現在では、正直“稼いだ金額”なんてものはいくらでも小細工することはでき、それこそネットの画像を引っ張ってきている場合だってあるからです。

 

確かに“稼いだ金額”とか“稼いでる金額”には注目が集まりますが、これは一時的に勝っている人もいれば、あたかも利益がでているように装う人もいるので、その人の“考え方”なり“思考法”に注目して自分にとって適切な人か、を判断して欲しいと思います。

 

成長してくにつれて、その判断もできるようにはなってきますが、FX初心者や勝てない人はどうしても“金額”に流されてしまうので、気をつけて下さいね。

 

それも含めて「投資」というのは自己責任ですよ。