fbpx
リスクマネジメント

【アドバイス】FXで大負けしたときの対処法と注意点

初心者が挫折する理由のナンバーワンが、1回の負けで大負けをすることです。

 

実際私も過去に大きな損失を出して「もうFXを辞めよう…」と何度も思いました。

 

しかし、その辛い状況の中でも続けることができたからこそ、今の自分があると思っています。

 

けれども月収レベルでは「300万円」にしか過ぎず、まだまだ道半ばなのでもっともっと成長していきたいと思います。

 

そして今回の記事では『大負けしたときの対処法』をメインテーマに伝えていきます!

 

今でこそ私も分かりますが、「負けた時」の行動こそが成功と失敗を大きく分ける原因だと感じます。

 

経験を含めながら重要なことを今からお伝えしていくので、最後まで読み進めてくださいね!

 

FXで大負けする理由は?

分かっていても行動できない…

 

そういった人間心理が、FXの大負けにつながっています。

 

ここで勘の鋭いあなたは「なぜそうなるのか?」という疑問をここで抱いたかもしれません。

 

それでは今からその説明をしていきますね!

 

人間心理によって大負けに収束する

目の前の利益を逃したくない、損失を避けたいという感情を抱くのが『プロスペクト理論』になります。

 

たとえば、テーブルの上に10万円を置かれたと仮定します。

 

そこで、

 

「10万円をすぐにもらうor後で20万円をもらえるかもしれない」

 

の二択を選ぶとしたら、ほぼ全ての人が10万円を選ぶことになります。

 

反対に、

 

「今5万円を奪われるか、後で10万円を奪われるかもしれない」

 

という二択では、後者を選ぶことになるのです。

 

この結果から分かるように、私たち人間は“利益はすぐに確定したく、損失は後延ばしにしたい”という心理状態を持つことが分かります。

 

これはFXで大負けをする流れと合致していて、何も考えていないとほぼ確実に同じ状況を生み出してしまうので結果的に損大利小トレードに繋がってしまうのです。

 

ですので、私たちが勝つ為にはその人間心理の【逆】をいかなければいけないのです。

 

誰でも損切りは嫌なもの

仕事として行っているプロのディーラーですら、損切りをすることは嫌です。

 

ましてや、前述したプロスペクト理論に陥りやすいFXの初心者では、大負けするまで損切りできない事例がよくあります。

 

「まだ為替レートが戻ってくる可能性がある」と思い込んで、ひたすらに自分の主張を肯定するための証拠を集めるのが、よくある大負けのパターンです。

 

多くの人がFXで大負けする一方で、その負のスパイラルから抜け出せた投資家は小さな損を積み重ねつつも、資産を増やしています。

 

それらを踏まえて今後のトレードに役立てて見て下さい。

 

大負けになった3つの事例

FXで大負けする典型的な事例3つを学び、今後のトレードに活かしましょう。

 

「失敗から学ぶ」ことが何よりも重要ですので、同じ過ちをしないように学び、そして成長していきましょう!

 

ケース1:ポジションの持ちすぎで大負け

FXで含み損のポジションを保有し続けると、高い確率で大負けします。

 

たとえば、-50pipsの含み損だとして「耐えていれば含み益になる!」という希望的観測のもと粘るのはやめましょう。

 

なぜなら、為替レートがより突き進む可能性が高いからです。

 

資金100万円から300万円まで増やした後に、このポジションの持ちすぎで資金50万円を下回るケースもあります。

 

実際、過去の私もこの考えにより数百万円のロスカットをくらった過去があります…

 

ケース2:自分の失敗を認められずに大負け

同じ失敗を繰り返して、数年間で100万円、200万円の大負けとなる事例がありふれています。

 

例えば1ヶ月5万円の負けだとしても、1年間で考えれば約60万円の損失です。

 

チャートの形を考えずに、目の前の動きに飛びつくなど、FXの投資家の負けるパターンはだいたい同じになっています。

 

自らの失敗を認め、その原因を1つずつ潰しましょう。

 

それを怠ってトレードを続けた結果、資金をすべて失った人は多いですから…

 

ケース3:ハイレバレッジで口座の残高ゼロ

FXはどれだけ資金があっても、ハイレバレッジの取引をすると一瞬でなくなります。

 

100万円の資金を用意して、短時間で大きく儲けようと最大25倍のレバレッジを選んだ場合には、それこそ数時間で-50万円の大負けもあり得ます。

 

特に、海外口座の100倍を超えるハイレバレッジでは、例えばポジションを保有した瞬間に-10万円によるロスカットもあるのです。

 

トレードスキルがある人にとってはハイレバレッジが有効的になりますが、そうでない人にすればただただリスクを高める原因になります。

 

気を付けてください。

 

大負けしないための3つのポイント

大負けをせずに取引を続けるためには、以下の3つのポイントを守ることが重要です。

 

もし、あなたが本気で勝ち組に回りたいと思うのであれば必ず守るようにして下さい。

 

ポイント①:損切りのルールを決める

FXで大負けしないためには、損切りのルールが必要不可欠です。

 

理想は資金の一定割合、だいたい2%に達した時点の損切りであるものの、初心者には-30pipsなどの含み損ベースをおすすめします。

 

まず同じルールで損切りをすることが大事で、次にその損失を上回る利益の確保を目指すのです。

 

ポイント②:勝ちやすいポジションを追求

FXは、ポジションを持つことで損益が発生します。

 

そのため、勝率が高いポジションのみに限定して、損切りを強制される状況を減らすことが賢明です。

 

テクニカル分析によってエントリーに根拠を持たせれば、大負けからどんどん遠ざかる取引になります。

 

ムダな取引を減らせるかどうか、これこそ初心者と中上級者を分ける壁です。

 

ポイント③:ロスカットは必ず避ける

大負けを言い換えると、ロスカットによる強制的な決済です。

 

資金管理やポジションのエントリーが甘い初心者は、どうしても1回はロスカットを経験します。

 

しかし、その失敗から学ぶことで、避けるためのテクニックを身につけられるのです。

 

損切りを行えば、FX会社のロスカットによる大負けを避けられます。

 

自分のルールで大負けしない取引に

どれだけ稚拙に思えても、自分のルールを守ることから全てが始まります。

 

ルールを持たないで勝てる人は『一握りの天才』『ビギナーズラック』かのどちらかでしょう。

 

FXで【勝ち続ける】トレーダーになる為にもルール作りを徹底して下さい。

 

そしてそのルールを守ることを。

 

自分のルールを厳守する

自分のルールを完成させたら、取引において必ず守りましょう。

 

ルールに従って取引を続けていれば、どこに問題点があるのかが浮き彫りになるので、必要に応じて修正です。

 

その繰り返しで、完成度を高めていけます。

 

実際にルールを運用しないと検討もできないので、運悪く損切りが続こうとも途中で勝手な判断をしてはいけません。

 

損失を出しても揺らがない

連敗をしただけで、自分のルールを崩してはなりません。

 

FXは自分のトレードスタイルと相性が悪い地合いが必ず発生するので、その時にいちいちブレていては勝てる勝負も勝てない状態に陥ります。

 

損益が出るまでしばらく様子を見る必要があるから、まだ自信がないルールの場合は少額取引で大負けを回避しましょう。

 

借金をせずに取引を続ける

大負けしても、借金さえなければ再チャレンジが可能です。

 

毎月の生活費などの必要な資金には決して手をつけず、利息と返済期限がある借金とは無縁の状態でFXを行う必要があります。

 

FXは5,000円で0.1枚のポジションを持てるので、経験値を溜めることを心がけるべきです。

 

FXで大負けしたときまとめ

トレードには「負け」がつきものです。

 

ただ、その中で時には「大負け」する時もあるでしょう。

 

実際私も何度も大負けを経験したからこそ分かりますが、大負けして資金を失うと本当に苦しいし辛いです。

 

しかし、そこで得られるものも必ずあるので、絶対的に大負けが悪いかと言われればその限りでもないでしょう。

 

大切なのは「その失敗から何を学ぶか?」ということと「どう次に活かすか?」になります。

 

ここを理解していれば大負けしたからと言って、過去の私のように“すべて”投げ出したりもしないはずです。

 

そして今回は大負けしない為に注意すべき内容もまとめているので、繰り返し何度も読み返して見て下さいね。

 

利益を出すよりも相場に生き残ることがFXでは重要になるので。

 

【関連記事:自動売買ツールっていいの?!プロが考える自動売買ツールの実態】

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。