fbpx
口座開設

【解説】FXのレバレッジ最大はどれくらい?意外に知らない事実とは?

口座の比較をしていると「最大レバレッジ」が大きく強調されています。

 

しかし、正直レバレッジが高ければ儲かるというわけではありません。

 

確かにレバレッジが高い方がトレード的には楽になりますが、その分損失もイコールで増える可能性があるのです。

 

ですが、そこを理解している人が意外に少ないので、今回は『FXとレバレッジ最大』について説明していきたいと思います!

 

FXと切っても切れないレバレッジについての理解を深めて利益を増やしてくださいね^^

 

国内のFXはレバレッジ制限がある

日本のFX口座は法律による制限で最大25倍のレバレッジです。

 

しかし、規制される前はレバレッジ400倍で取引可能な国内口座もありました。

 

ですが、そのレバレッジによって多くの人が損失を出した背景があったので国は規制をしてレバレッジを下げたのです…

 

個人口座の最大レバレッジ

レバレッジ最大25倍は、個人口座における上限です。

 

国内の金融機関は金融庁の管理下にあって、このルールを必ず守らなければなりません。

 

しかし、FX会社によっては「最大10倍のコース」など自らの選択で敢えて25倍以下で取引することも可能です。

 

このように25倍以下のレバレッジで運用するとFX会社によっては、口座の資金と現在のポジションによって、取引のシステムが25倍まで増やしていくことができます。

 

例えば、「ポジション保有でレバレッジ3倍としても、為替レートの動きで含み損が増えたら最大の25倍まで自動的に使用される」という具合です。

 

このように上手くシステムを利用することで損失を防ぐことも可能なので検討してみてください。

 

【参考記事:プロトレーダー推奨!国内口座は○○がおすすめ!】

 

法人口座の最大レバレッジ

国内の法人口座は個人よりも高いレバレッジで取引することが出来ます。

 

なぜなら、法人は個人とは違い、FXのリスクを正しく理解しているからです。

 

個人の場合は闇雲にトレードする人や損切りできなくてロスカットになる人が多いのですが、これが法人となると「会社のお金」になるので、個人よりもリスク管理を徹底する割合が一気に増えます。

 

ですが、法人口座の最大レバレッジは、各FX会社と各通貨ペア毎によって異なるのです。

 

つまり、「通貨によってレバレッジの最大が違う」ということ。

 

それも、毎週の終わりである金曜日のクローズの為替レートを基準にして、各FX会社が必要証拠金率を考えているのです。

 

例えば、ドル円で最大レバレッジ100倍のFX会社もあれば、個人と同じ最大25倍のFX会社もあります。

 

このように法人口座で取引することを考えている人はFX会社をよく見比べるといいでしょう。

 

それに、法人の要件を満たすためにはきちんと実体を作ることが必要ですので、気を付けてくださいね。

 

海外のFXは最大レバレッジが高い

国内口座は25倍が最大になりますが、海外口座はそれ以上の最大レバレッジがたくさんあります。

 

なぜなら、規制は国によって異なるからです。

 

ですので、レバレッジ25倍以上で取引したい人は海外口座を使用しているので一度検討してみるもいいかと思います。

 

しかし、これからお伝えしていきますが、国内口座と海外口座ではそれぞれメリット・デメリットあるので単純にレバレッジだけで判断しないようにして下さいね!

 

【参考記事:知らなきゃ損!日本口座と海外口座の違いを知ってますか?!】

 

海外の最大レバレッジはリスク大

海外のFX会社の一部では、日本国内に住んでいる人にもサービスを提供しています。

 

最大レバレッジ999倍という3桁が並んでおり、大きく環境が違うFX会社もあるくらいです。

 

トレーダーの中では「海外口座=ハイレバレッジ」という印象があり、少額で大きく儲けたい人は好んで海外口座を使用しています。

 

しかし、たった10pipsの変動で大きな損失になる恐れがあるから、初心者にはおすすめできません。

 

また、海外のFX口座は日本の金融庁とは無関係なので、出金トラブルになっても自己責任です。

 

加えて日本語対応がない、いきなり連絡が途絶するケースなども可能性としてはゼロではないので気を付けてください。

 

レバレッジ25倍以上の取引

海外口座の多くはレバレッジ500倍以上ありますが、実際にそのレバレッジで取引をすると、すぐにロスカットでお金が無くなってしまいます。

  • 1$=100円
  • 1万円の証拠金
  • 取引数量4万通貨

この場合は約5pipsでロスカットになって終了です (笑)

 

数pipsの動きと同時に1,000円単位で変動していく様子を見ていたら、誰でも冷静さを失って損切りどころではないでしょう…

 

このことからも「レバレッジ」というのはトレードが上手い人だと強い味方になりますが、そうでない場合は凶器になるので気を付けてください。

 

ただ、あくまでこれはリスクを無視した形での運用になりますので、一つの例として考えて頂ければと思います。

 

レバレッジは最大と実効の2種類がある

レバレッジの種類を理解することで、投資家として賢くなります。

 

むしろこうした知識が無ければ勝つことも難しくなると言えるでしょう。

 

一概に知識量がトレード結果に比例するとは言えませんが、少なからず勝ち続けるトレーダーは知識量が多いです。

 

ですので、こうしたレバレッジの違いに関しても理解を深めていきましょう!

 

最大は理論上の取引可能な数字

最大レバレッジは、自分がFX口座に預けた金額でどれだけの取引ができるのかを示しています。

 

例えば、資金5万円で最大25倍のレバレッジを活かしたなら、上限125万円の売買が可能です。

 

何気なく取引していますが、FXでレバレッジを効かすことによって自分が驚くほどの高額を扱っていることになりますね。

 

ですが、上記の例であれば実際に125万円があるわけではなく一時的に不足分を借りているだけです。

 

そのため、売買が完了した後に口座にあるお金で差額分を清算しなければならないので、仮に大きく損失を出したらその分補填しなければいけません。(日本口座の場合)

 

しかし、海外口座の場合は「追証無し(資金以上の損失が無い)」というゼロカットシステムがあるので、これは強い味方だと言えるでしょう。

 

【参考記事:プロが教える国内口座と海外口座の決定的な違い】

 

実効は今の資金の運用状況

FXの実効レバレッジは実際のポジションが大きく関係している数字です。

 

まだ取引に使える金額と現在のポジションによって計算され、為替レートが動いているとリアルタイムで変動します。

「実効レバレッジ=(現在の為替レート×取引数量)÷有効証拠金」

例えば、ドル円で資金1万円、1,000通貨のポジションを持っていると、実効レバレッジ10倍という数値になります。

 

含み損益によってこの数字が上下するので、FXでポジションを持っている時に資産の状態をしばらくチェックしてみましょう。

 

最大25倍のFXでも十分に儲けられる

レバレッジ規制があっても日本国内のFXはいまだに魅力的だと言えるでしょう。

 

なぜなら、レバレッジこそ低いですがその分スプレッドが狭く、それに税制的にも優遇されているからです。

 

しかし、海外口座も日本口座にないメリットを持ち合わせているので上手く活用して下さい。

 

ここからは上記で話していない日本口座について少し解説していきます。

 

他の投資と比べて資金効率が抜群

株式投資は基本的に現金のみ、仮想通貨などの高レバレッジとされる投資でも10倍ぐらいです。

 

それを考えれば、FXの最大25倍のレバレッジは十分と言えます。

 

現実で安定して勝っている投資家でもFXの実効レバレッジは5倍ぐらい、大きな資金を運用している場合では2~3倍が一般的です。

 

FXがそれだけハイリスクであることを理解すれば、自然と低レバレッジの取引になるのも分かるかと思います。

 

ちょっとした変動に惑わされず、着実に前へ進めるトレードにするためにもレバレッジは必ずしも高くなくてもいいのです。

 

もし、レバレッジだけを見て海外口座にしている場合はそれぞれの特徴を理解するようにして下さい。

 

レバレッジ最大10倍の規制は見送り

2018年には国内の最大レバレッジ25倍を10倍まで引き下げる動きがありました。

 

当時はFX会社や顧客から猛反発があったせいか、さすがにレバレッジ10倍は見送られることになったのです。

 

理由としても「これ以上の証拠金の確保は必要ない」とのことですが、実は一部の有識者は「仮想通貨などに国内の資金が流れたら困るから」と指摘しています。

 

ですが、今後の動きによっては再びレバレッジ規制が進行する可能性もあるから注意が必要です。

 

ただ、もし日本口座のレバレッジ最大が10倍になったら多くの投資家が海外口座へと変えることになるでしょう。

 

25倍ならまだしも10倍はちょっと寂しい気がしますからね。

 

FXのレバレッジ最大まとめ

このように国内と海外のFX口座によってもレバレッジ最大は違ってきます。

 

しかし、どちらもメリット・デメリットあるので、それら特徴を把握した上で活用するようにして下さい。

 

ですが、これだけは言えますが「レバレッジが高いほど利益が出るわけではない」ということを覚えておいてください。

 

あくまでトレード技術が高い人ならレバレッジは強い味方になりますが、そうでない場合は資金を溶かすリスクを高めるだけです。

 

この本質を忘れずにどのようにレバレッジと向き合っていくのか、そしてどの口座をメインで使っていくのかを考えてください。

 

ここ、軽視しているトレーダーがいますが重要ですからね。

 

【参考記事:結局どっちがお得?!日本口座と海外口座の違いを徹底解説】

ABOUT ME
takahiro
takahiro
FXでの最高月収は300万円です!現在はFXコンサルやマーケティングをしながら自由に生活しています。(トレード歴:10年)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。