fbpx
初心者

【大惨事】少額で始めたFX初心者の失敗談から成功を学ぶ

FXには損失や失敗がつきものです。

 

というのも、私はFXの失敗は成功するためのヒントでもあると考えているからです。

 

一見ネガティブに思う失敗談だと思っても、その経験や体験談は「宝」とも呼べる存在となります。

 

先人の知恵としても「失敗は経験のもと」という格言があるように、失敗から学ぶことは本当にたくさんあるのです。

 

そこで今回は『FXの失敗談』から成功を紐解いてみたいと思います。

 

勝ち続けるトレーダーになる為にも最後まで読み進めて、失敗から成功を学ぶようにして下さい。

 

FXで初心者が失敗する原因2つ

初心者がFXで失敗する原因は以下の2つです。

 

少額取引からスタートするにもかかわらず、なぜ失敗するのでしょうか?

 

そして、なぜ瞬時にお金を溶かしてしまうのでしょうか?

 

その原因をまとめてみました!

 

失敗原因①:いつも高レバレッジの取引

国内の最大レバレッジ25倍のMAXでトレードをしていると、高い確率で破産します。

 

なぜなら、負けた時の損失をカバーできなくなるからです。

 

初心者は自分が勝った時のことしか考えないため、いきなり最大枚数にしてしまい、瞬く間に含み損が膨らんでいきます。

 

大きくなった含み損を切ることは心理的に大きな負担で、そのままロスカットされるのです。

 

いきなりの大損は誰もが通る道ですが、そこで懲りずに、何度でも高レバレッジの取引をしていると永遠に勝てません。

 

まずは3~5倍、慣れてきたら10倍を目途に資金管理を行いましょう。

 

失敗原因②:ロスカットで大損を繰り返す

FX業者のロスカットは、投資家の意思に関係なく、一定の含み損で発動します。

 

これ以上の含み損は預かっている資金を割り込む恐れが高いと判断しての強制決済なので、そもそもロスカットになった時点で詰んでいることを覚えておくべきです。

 

1回、2回なら予想外の相場の変動やまだ慣れていないという理由で説明できます。

 

しかし、いつまでもロスカットになるようでは、先はありません。

 

ロスカットは証拠金維持率というパーセンテージで判断されるから、慣れるまではこまめにチェックしておくことをおすすめします。

 

実際私もロスカットを経験して絶望したのを今でも覚えていますから…

 

FX初心者の失敗談

実際にあった失敗談から、初心者が気をつけておくべきことが分かります。

 

あなたも同じようにして失敗しない為にも、繰り返し何度も読み直して、あたかも自分が経験したかのように感じてください。

 

FX失敗談①:借金による勝負で大失敗

主婦のAさんは、「FXは儲かる」というニュースや、ネットのブログなどを見て、投資運用を始めました。

 

そのとき、運良く大儲けをできたものの、その後にレバレッジを上げた取引で負けて、トータルで大損になってしまったのです。

 

状況を理解していないAさんは、「自分の実力ならすぐに取り返せる」と勘違いして、主婦でも借りられる金融業者から借金をしました。

 

しかし、借金によるFXでも負け続け、終いには「もう少し耐えれば、戻ってくれる」というお祈りトレードでした。

 

結局、Aさんは夫に隠しきれなくなって打ち明け、いったん肩代わりをしてもらった上で、仕事に戻って自分が稼いだお金で返済しています。

 

FX失敗談②:手段と目的が入れ替わって大損

会社勤めのBさんは、働きながら行える副収入としてFXを選びました。

 

仕事が終わって帰宅した夜の数時間のトレードで、やがて自分の予想を当てることが目的になっていったのです。

 

業界用語でいう「ポジポジ病」の状態に陥ったBさんは、勝てるかどうかではなく、FXのポジションを持つことが日常になりました。

 

当然ながら、続けるほど資金が減っていき、負けたのが悔しくてどんどん注ぎ込む悪循環でした。

 

やがてBさんは自分の貯金がほぼゼロになったことに気づき、泣く泣くFXをやめたのです。

 

FXで勝っている投資家の共通点

利益を積み上げている投資家は、以下の4点を守っています。

 

もし、あなたが負けトレーダーであれば、確実に以下の4点は守るようにして下さい。

 

それだけで負けトレーダーから勝ちトレーダーへと変われる可能性はありますので。

 

ポイント①:きちんと損切りしている

初心者と勝ち組の大きな違いは、自分が決めた損切りルールを守れているかどうかです。

 

含み損をズルズルと引きずる初心者に対して、勝ち組は「含み損が資金の3%に到達したから損切り」と冷静に対処しています。

 

ポイント②:いつも低レバレッジの取引

勝ち組の投資家は、常にレバレッジ5~10倍のラインで取引しています。

 

一見すると高レバレッジのほうが効率的かと思われますが、実際には勝ったり負けたりの連続で冷静さを失いやすく、資金管理としても破綻しやすいので、おすすめできません。

 

ポイント③:通貨ペアの癖を知っている

大部分の勝ち組は、ドル円、ユーロドルといった流通量が多く、素直な値動きの通貨ペアを選んでいます。

 

初心者は興味本位で、極端な値動きのマイナー通貨、例えば南アフリカランドやスイスフランなどを選びやすいから、要注意です。

 

ポイント④:勉強と情報収集でアップグレード

勝ち組は毎日ニュースの確認や、テクニカル分析による取引ルールの見直しを行っています。

 

現実の変化をきちんと見て、すぐに対応しているからこそ、勝ち組は勝利者のままでいられるのです。

 

初心者が知っておくべき2つのコツ

FXで初心者が勝つためのコツは、為替相場の分析をマスターすることです。

 

ここを理解しないでトレードしても失敗する確率を高めるだけなので注意して下さい。

 

世界のトップトレーダーとお金を奪い合う相場で勝つ為にも重要ですよ?

 

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析は、各国が発表している政治や経済ニュースを調べる方法となります。

 

FXでは、各業者のツールやホームページで為替情報をチェックすることが可能です。

 

アナリストの所見が載っているレポートもあるから、チャートと一緒に見ておきましょう。

 

最初は意味不明でも、続けていくことで少しずつ視野が広がっていきます。

 

スキャルピングや短時間のデイトレードでも、現在の情勢を理解しておくと、安定したトレードです。

 

テクニカル分析

値動きをつなげて表示したチャートで、その形から次の動きを予測するのが、テクニカル分析です。

 

FXで勝率と利益を増やすために欠かせない考え方で、自分の失敗を見直す際にも役立ちます。

 

信頼できる取引の基準があれば、勝っても負けても冷静でいられます。

 

勝ち組の着実な利益は、初心者よりも強靭なメンタルではなく、根拠のあるルールのおかげです。そのことを実体験によって理解できれば、やればやるほど成果が上がっていく領域に入れます。

 

FXの失敗談まとめ

このように一口に『FX失敗談』といっても様々です。

 

少額だとしても資金管理が出来てなければ負けに繋がるし、かといって資金管理が出来ていてもトレード分析が出来ていなければ負けてしまいます。

 

ですが、「負ける原因」に目を向けてみると共通していることがあり、その共通点をあなたが行わないようにすればいいだけです。

 

しかし、こうして文字にしてみると理解できるかもしれませんが、頭で理解するのと実際の行動レベルで実行できるのはまた違います。

 

それに実行できるのと習熟しているのではまた意味も違っています。

 

ですので、単にできるだけではなく習熟することを意識して下さい。

 

すべては〝意識すること〟から始まります。

 

分からなければ専用LINE@から質問して下さいね。

 

【関連記事:サラリーマンは副業でFXを絶対にやらない方がいい?!その真相は?】

ABOUT ME
takahiro
takahiro
FXでの最高月収は300万円です!現在はFXコンサルやマーケティングをしながら自由に生活しています。(トレード歴:10年)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。