fbpx

FX初心者は運だけでは勝てない

FXは極論を言ってしまえば2分の一勝負です。購入した金額よりも高くなれば売り、現在の価格よりも下がると予想すれば、売りでポジションを持てばよいだけです。

 

しかし多くの人が負債を背負って去っていきます。

 

それはなぜなのでしょうか?

 

 

■FX初心者ほど勝てる?ビギナーズラックの恐怖

 

あなたは“ビギナーズラック”という言葉を御存知でしょうか。

 

これは、簡単に説明すれば「運によって勝つ事が出来ている」という意味合いになります。

 

そしてFXにおいてもビギナーズラックは存在します。

 

なぜなら、初心者には定石が当てはまらないからです。

 

FXトレーダーの多くはただ闇雲にトレードしている訳ではありません。チャートやインジケーターなどのツールを使い、常にエントリーの(ポジションを入れる)機会をうかがっています。

 

これは誰しもが安いところで買い、高いところで売りたいという至極当然の考えの結果であり、表示したインディケーターのここで買い、ここで売るというルールにも似た定石がFXには存在します。

 

それを逆手に取り、機関投資家やお金を持っている個人投資家は逆の戦法をとり、しかけてくることがあります。

 

たとえば、定石ではこの価格まで落ちたら落ちすぎなので、ここからは上がっていくと思い買いを入れると、機関投資家などが一気に売りを仕掛けてチャートを崩壊させ、焦った個人投資家が急いで決済する、いわゆる狼狽売りを仕掛けてくることがあります。

 

急落するチャートを見て我慢できる投資家は少なく、多くの投資家はここからさらに下がってしまい、損失が増加するかもしれないという不安からポジションを手放してしまう事が多いです。

結果、仕掛けた投資家は安く買うことができます。

 

 

■FXは知識があるからといって勝つことはできない

 

 

FXトレーダーの多くは自分の取引ルールをもって取引しています。

 

例えば自分の持ったポジションの+-20Pipsで必ず決済する、損切りは何パーセント以内に必ず行うなどが代表的な例ですが、逆にそのルールをほかの投資家に狙われることがあります。

 

予想外の事態に投資家は慌てて決済し、損害を被ってしまいますが、定石など知らない初心者はこの定義には当てはまりません。

 

ある意味、自由に売り買いをするので、時としてうまく波に乗れ、多額の利益を出すことがあります。

 

これは初心者が主に勘に頼りトレードしていることが大きな要因だと思いますが、たまたまうまくいったトレードでFXは簡単だと思い、のめり込んでいってしまう初心者トレーダーは多いです。

 

これが大きな悲劇を生みます。

 

<FXでの“迷い”は最大の敵>

最安値で買って、最高値で売りたい。これはトレーダーが持つ共通の認識です。

 

しかし、最安値が分からないから買うタイミングを逃し、もっと上がるかもしれないという思いがあるから売りのタイミングを逃してしまう。

 

多くのトレーダーはインジケーターを頼りに売り買いのタイミングを見定めます。

 

しかし、その他大勢の投資家により、定石よりもちょっとだけ高く売り注文、もしくはちょっとだけ安く買い注文といったことが積み重なり、例えば定石では一ドル110円まで上がったら売って利益確定いう定石が、早く利益を確定したいトレーダーにより、109.8円で売りに出され、結果としてじりじりと売値が下がってしまうことが多々あります。

 

これはインジケーターだよりのトレーダーの話ですが、初心者には関係ありません。

 

おっ!こんなに利益が出た!少しでもプラスになったから決済しよう等、初心者は少しでもプラスになったら利益を確定しがちです。

 

その結果、少しでも利益がでるのでビギナーズラックが生まれるのだと思います。

 

 

■初心者がFXで勝つには?

 

初心者で勝てて、なぜベテランは勝てないのか・・?

 

これは先に述べたように、定石が関係していると思います。

 

初心者とベテランではエントリーのタイミングが異なります。ベテランはインジケーターや他のツールやニュースからエントリーを行いますが、初心者はある意味、勘でエントリーします。

 

セオリーに従ったベテランは逆手に取られ、資金豊富な投資家にやられてしまいますが、誰にも予想できない初心者のエントリーは時として逆手に取った投資家たちの波に乗り、多くの利益をだすことがあります。

 

しかしこれはイレギュラーな事態の時であり、基本的には多くの投資家の採用している取引ルールに乗っ取り、多勢の波に乗ることが勝利の秘訣だと考えます。

 

FXは売り買いの大きな方に動いていきます。

 

たとえばアメリカ大統領のスキャンダルなどが報じられると、ドルを売って円を買いたいという人が増えます。

 

そうするとドルの価値が下がり、円の価値が高くなります。

 

事前にスクープが分かっていれば、売りポジションを持っていればよいですが、それはなかなか困難です。

 

未来を占えないなら、予測するしかありません。

 

そろそろあの国の金利が上がりそうだ、あの国が経済政策を行うらしい!など常に世界経済にアンテナを張っておくことが重要です。

 

しかし誰しもが上がる、もしくは下がると考えたときは要注意です。逆手に取ってくる人たちがいるからです。

 

このように相場に対して主観的な考えだけを持つのであればFXで勝つことはできません。

 

いや、厳密に言えば「勝つ」ことは出来ますが、「勝ち続ける」ことは出来ないのです。

 

【木を見て森を見ず】

 

多くの勝てないトレーダーがこの部分に気付いていないのです。

 

『関連記事:知らなきゃ損?!FX初心者が学習すべきMACDの使い方』