fbpx
FX初心者

【徹底解説】FX初心者が稼ぐ方法ってあるの?注意点とポイントのまとめ

FXを普通にやったとしても初心者は稼ぐことができません。

 

それこそ稼げたとしても「ビギナーズ」でしかないでしょう。

 

となると、次第に負けが続いて結局はビギナーズラックで稼いだお金もすべて失うことになるのです。

 

これは実際私が同じ経験をしたからこそ分かるのですが、FX初心者が簡単に稼げるほどFXの世界は甘くありません。

 

では、どうすればいいのか?…

 

今回は「FX初心者が稼ぐために必要なこと」についてまとめていきたいと思います!

 

FXで稼ぐためには無理のない目標でトレードすべき

今の自分が達成できる目標を決めて、いきなりお金が減らない取引に徹するのがコツです。

 

その「指針」となるものを定めることが大切になりますが、ここであまり背伸びをした目標設定をしてしまうとどうしても“欲”をかいてしまうことに繋がります。

 

ですので「無理のない目標」が必要になるのです。

 

夢は大きく持つことが大切ですが、その過程やプロセスはできる限り現実的にしてください。

 

使う資金は1/3までに制限

FXに慣れるまでは、資金の1/3までに限定することをおすすめします。

 

なぜなら、連敗した場合にも、それまでと同じ枚数でトレードしやすくなるからです。

 

負ければ口座の資金が減って、少ない枚数によるトレードを強いられます。

 

けれども、予め枚数を抑えておけば、そのハンディキャップを回避できるのです。

 

同じ大きさのポジションであれば、早く損失を取り返せるので意識してみてください。

 

目標は週単位か月単位のpips

FXの損益は、基本的にpipsです。

 

1万円を儲けたいと考えるのではなく、例えば1万通貨で月100pipsを狙うように心がけましょう。

 

1ヶ月の営業日から1日のノルマを計算する方法もありますが、相場の動きによっては上手くいかないので要注意です。

 

週単位または月単位で目標のpipsを設定することで、色々な試行錯誤を重ねることが可能になります。

 

必ず低レバレッジで取引

低レバレッジにしておけば、少しの値動きで混乱することはありません。

 

FXの初心者向けの注意事項であるにもかかわらず、きちんと守っている人はかなり少ないです。

 

プロですら低レバレッジで利益を出しているため、初心者も見習いましょう。

 

もしレバレッジを高くして取引する場合は必ず損切りを入れてくださいね?

 

その習慣ができなければいつか必ず大損してしまうので…

 

自分のトレードスタイルを決めよう

いざFXをする時には、自分がやりやすいトレードにこだわることが大事です。

 

それに他人と自分の考え方や価値観、エントリー時間、資金、メンタル…すべてが違うので「他人のトレードを真似する」ということの意味を私は感じません。

 

実際真似したところでできない場合が多いし、逆にそのトレードに固執してしまって柔軟性を失う人もたくさん見てきました。

 

ですので、あなたの考え方に基づくトレードスタイルを確立するようにしてください。

 

初心者はデイトレードからスタート

当日中にポジションを決済するデイトレードは、最初に体験しておきたい取引です。

 

FXはギャンブルではないから、入ってから出るまでの一連の流れで考えなければいけません。

 

エントリーから数分間までの短期の取引を繰り返す場合には、スキャルピングとなります。

 

スキャルピング、デイトレ、スイング、それぞれメリット・デメリットありますが、あなたがやり易いスタイルを見つけて下さい。

 

短期のスイングトレードがおすすめ

サラリーマンなどの忙しくてチャートをろくに見られない人には、短期のスイングトレードがおすすめです。(1日~数日)

 

当日だけで終わらない取引は、全てスイングトレードに分類されます。

 

デイトレードの利益が1回10~30pipsであるのに対して、スイングトレードでは1回100pips以上が基本です。

 

じっくりと考えられるので、経験を積むことで誰でも勝てるようになります。

 

しかし、利益が大きくなる分、損失も大きくなる可能性があるので気を付けてください。

 

取引履歴から柔軟に変更しよう

1日10pips、1週間50pipsが目標であるのに、ほぼトントンの収支では、改善が必要です。

 

取引履歴を見直して、1回で極端に大きな損失がないか、もっと大きく取れるチャンスがなかったかを振り返りましょう。

 

短時間のスキャルピングで苦しんでいる方は、試しにデイトレやスイングに切り替えてみてもいいかと思います。

 

トレードスタイルを変えただけで利益が出る人もいますからね!

 

取引コストを安くして利益率アップ

売買の取引コストであるスプレッドが小さいほど、FXで勝ちやすくなります。

 

実際、計算してみれば分かりますがスプレッド(手数料)は年間通すと結構大きな額になります。

 

無駄なエントリーをすればするほど自ら手数料を払っているようなものなので意識してください。

 

スプレッドが狭いFX会社が有利

低コストのFX会社に新しく口座を作って、そちらに資金を移し替えましょう。

 

高金利の通貨でスプレッドが小さいなどの特徴があるので、トレードの種類と通貨ペアによって使い分けることも効果的です。

 

スプレッドの基準としては、ドル円0.2pipsとユーロドル0.3pipsがだいたいの目安になります。

 

ではここで年間のスプレッドがどれだけ掛かるのか?というところを説明したいと思います。

 

たとえばA社のスプレッド(手数料)が0.5銭だとしてそれに対してB社が0.2銭だとしたらどうでしょう?

 

スプレッド1万通貨でのコスト
A社1銭1銭(0.01円)×1万通貨=100円
B社0.2銭0.2銭(0.002円)×1万通貨=20円

 

たった1万通貨だけで80円の差が生まれるのです。

 

では、これが毎日積み重なったらどうでしょう?

 

◆スプレッド比較(1銭と0.2銭)

80円×5日=400円/週

400円×4週=1,600円/月

1,600円×12か月=19,200円/年間

 

何もしなくてスプレッド(手数料)だけの違いで年間約2万円の損をしていることになります。

 

では、1日5万通貨(1万通貨×5回)取引していたらどうでしょう?

 

◆スプレッド比較(1銭と0.2銭)/取引回数1日3回

80円×5回=400円/回

400×5日=2,000円/週

2,000円×4週=8,000円/月

8,000円×12か月=96,000円/年間

 

スプレッド(手数料)だけで年間約10万円の損をしていることになるのです!

 

このようにスプレッドは年間通じてみると“大きな差”になるので意識してみてください。

 

【関連記事:プロトレーダーが推奨するオススメFX口座】

 

相場によってスプレッドは変動する

FX会社が提供する為替レートのスプレッドは、相場の状況によって変わります。

 

一部の時間帯でのみ固定スプレッドを宣言しているFX会社もありますが、大部分はサンプルとしての提示です。

 

コロナショックのように世界的な大事件の時には、一時的にどのFX会社もスプレッドが広がります。

 

無理せずにトレードをやめておくか、スイングトレードのみにしておくのがおすすめです。

 

通貨ペアによるコスト差に注意

初心者には、ドル円かユーロドルのどちらかを推奨します。

 

なぜなら、他の通貨ペアでは標準のスプレッドが大きく、1回の利益率が悪くなってしまうからです。

 

1回10pipsの利益として、ドル円なら0.2pipsのスプレッドの上乗せで済みます。

 

一方、ポンド円では1.0pipsのスプレッドのため、合計11pipsを稼げなければいけません。

 

※FX会社によってもそれぞれの通貨ペアのスプレッドに変わりがあります。

 

低リスクで経験を積むことを優先

失敗しても再チャレンジしやすい取引こそ、上達への近道です。

 

まずはデモトレードでトレード手法を確立してから「勝てる」という自信と明確な根拠ができてからリアル口座に移動することをオススメします。

 

ただし、実践形式ですぐに経験を積みたいと思う人はそれでもいいのですが、その場合は必ずロットを下げて低リスクで運用するようにしてください。

 

目先の利益よりも将来の安定収入

デイトレードならば、運任せで100pipsを獲得するよりも、地道な勝ち負けでコツコツと10pipsを積み上げるほうが正しい選択です。

 

1回で狙える値幅には限界があるので、一発当てるという考えでは上手く噛み合わず、いたずらに資金を減らしていきます。

 

含み益になった途端に利食いする状態でも先はないため、安定して利益を出せるトレードの検証として進めていくべきです。

 

負けても続けることで成長する

FXは負けることが普通で、それを乗り越えて自分のペースを維持することが求められます。

 

プロもよく負けているので初心者がミスをすることや、イメージした通りに動けないことを恥じる必要はありません。

 

低レバレッジによる少ない枚数なら、損切りは少額です。

 

損切りをするとイライラしますが、そういった感情をコントロールするのも訓練のうちに入るので負けたとしてもそれをプラスに捉えるようにしましょう。

 

1年も経てば一人前になる

初心者が一人前の投資家になるタイミングは、FXを始めてから約1年間です。

 

トレードスタイルによって取引数と利益は異なるものの、そこまで堅実に売買をしていれば一通りのパターンを経験したと言えます。

 

初心者の半分以上が、十分な経験値をためる前にリタイアしていくので、焦らずにゆっくりと為替相場に慣れていきましょう。

 

FX初心者が稼ぐために必要なことまとめ

FX初心者が稼ぐためにはいくつかポイントがあることが分かりました。

 

すべてを教科書通りに進める必要はありませんが、少なからずFX歴10年以上である私の経験からこれらのポイントが重要だと言えます。

 

ですが、そのすべてを一気に習得することは不可能に近いでしょう。

 

ですので、時間を掛けて少しずつ習得するように意識してください。

 

短期的にできたとしてもそれは“一時的”でしかなく、時間を掛けて習得した方が長期的に自分の力になります。

 

そういった意味でも習得することを急ぐのではなく、一つ一つの壁を乗り越えるようにしてください。

 

その先に「成功」という二文字が見えてくるので諦めないでくださいね^^

 

もし分からないことがあればご連絡下さい!

 

一緒に乗り越えていきましょう。

 

ご相談はこちらからお願いします。

 

※月収300万円のトレーダーの無料コンサルが受けられます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。