fbpx
FX初心者

【最短・最速】FX初心者がトレードを始める手順!

私自身もそうでしたが、FXのメリットを知っていざ「始めたいな」と思っても、ホームページや解説本に手順が難しく書いてあると、かえって分かりづらくて嫌になってしまいがちですよね?

 

そこで今回は、なるべく簡単に分かりやすく『最初にFXのトレードをスタートできるところまでの流れ』をご紹介したいと思います。

 

「でも、なんだかんだ難しいのでは?」

 

と思う人もいるかと思います。

 

しかし、難しいことは省いてできるだけシンプルにお伝えしていきますので、最後まで読み進めてください。

 

FXの始め方~最速でトレードを始める方法~

「FXで勝ち続ける」となると知識や経験が必要になってきますが、それと「FXを始める」ということは全く別物です。

 

しかし、単純に学習時間を増やせばFXで勝てるようになるのではなく、実際にエントリーしなければ損失もなければ利益も得られません。

 

それに「実際に経験しながら覚えていく」という学習スタイルの人もいるので、ここでは「FXを始める」ということに特化して説明していきたいと思います。

 

FXを始める際に必要なもの

FXを始めるために必要なものは、以下のたった2つです。

 

 1.口座
 2.資金

 

たったこの2つを準備できれば、あなたはすぐにでもFXを始めることができます。

 

そして、FXを始めるには以下の5つのステップを踏んでいきます。

 

  1. FX会社を選ぶ
  2. 口座を開設する
  3. 審査が行われる
  4. ツールを使えるように準備する
  5. ログインしてトレードスタート!

 

以上の様に、たった5つのステップを踏むだけで、FXはスタートできるのです!

 

「FX」と聞くと何だか難しそうに感じるかもしれませんが、そんなことはありません。

 

実際にこの手順通りに進めれば1日~2日でトレードができるようになるでしょう。

 

では次に、それぞれのステップを1つ1つ詳しく解説していきます。

 

ステップ1:FX会社を選ぶ

FXのトレードをするためには、FX会社と契約して、『口座』を開設する必要があります。

 

この『FX会社』は、日本だけでもとても数多くあります。

 

この会社選びが、スタート前のポイントになります。

 

【関連記事:FX初心者にオススメの口座はコレ!】

 

まず結論を言うと、これからFXに入門する超初心者の方には、『日本国内』で『1,000通貨対応』のFX会社がオススメです。

 

まず、日本のFX会社でしたら、トラブルがあった時や、分からないことが発生した時に、「圧倒的に安心できる」という高いメリットがあります。

 

他に記事でもご紹介しているように、国内のFX会社には、万が一FX会社が倒産しても、私達の資金は戻ってくるという『信託保全制度』があるので、不安はまったくありません。

その点は安心できます。

 

これが、聞いたことも見たことも無い国のFX会社だったら…その点ではすごく不安で心配ですよね?

 

また、海外のFX会社の中には、せっかくトレードで儲けていても、何だかんだと理由を付けて出金を拒否するケースもあります。

 

この出金拒否というのは、本当にタチが悪く実際に出金できずに泣き寝入りしているトレーダーも存在しているくらいです。

 

それに、海外のFX会社には基本的に電話窓口が無いところもたくさんあります。

 

そもそも日本語対応していない所も散見します。

 

日本語対応していても、メールで数日後に質問の回答が来たりすることもあるのです。

 

しかも、会社が存在する場所が、アメリカとかヨーロッパなどの馴染みのある国ではなく、あまり聞いたことも無い国だったりすることもあるので海外口座を使用する場合は注意してください。

 

そういった意味で日本のFX会社は、上記トラブルを事前に防ぐような制度が定められているので安心です。

 

それから、国内のFX会社の多くは24時間問い合わせができるサービスを完備しています。

 

(これが初心者にとっては大変助かります!)

 

日本のFX会社のコールセンターの大半は、とても親切で優しく細やかに教えてくれます。

 

用語が分からなくなっても教えてもらいえますし、もちろん『ツールの使い方』や『入出金の方法』、FXのルールで「どうだったっけな?」と忘れてしまったようなことまで、初心者だからと見下げることなく、とても丁寧に、気持ちよく教えてもらうことができます。

 

特に、トレードを始めると、夜にトレードすることも多くなってきます。

 

やりながらわからない事がいっぱい出てきますので、24時間対応の窓口があると、とっても便利なのです!

 

分からなければこちらから口座開設することをオススメします。

 

プロトレーダーがオススメする日本口座

 

ステップ2:FX口座を開設する

使用するFX会社が決まったら、いよいよ口座を開設します。

 

『口座開設』とか聞くと難しそうに聞こえるかもしれませんが、とても簡単な手続きで済みます。

 

それでもやはり詳しく説明したほうが、より分かりやすいので、また別の機会に改めて口座開設の仕方を特集してご紹介します。

 

そこで、今回はすごくシンプルにイメージだけをお伝えします。

 

★口座開設手続きのイメージ

 

口座開設の手続きは、以下のたった3ステップで出来てしまいます。

 

  1. パソコンやスマホでFX会社のホームページに行く
  2. 入力フォームに氏名や住所などの自分の情報を入力する
  3. 本人確認書類やマイナンバー書類を写メで撮ったデータを送る

 

基本的に難しい手続きは一切ありません。

 

もし分からないことがあれば、お問い合わせ窓口に質問すれば、とても丁寧に教えてくれます。

 

以上の様に、とても簡単に口座開設の申請を行うことができます。

 

ステップ3:審査が行われる

申請を済ませると、数時間から数日といった短期間で、FX会社にて審査が行われます。

 

審査というと、何だか怖いですよね。

 

でも、実際には審査に落ちることは滅多にありません。

 

基本的な事項の確認、例えば、フォームに入力した記載と、本人確認書類と相違がないかとかそういった所が確認されます。

 

もし入力ミスしていた場合も、FX会社が問い合わせしてきてくれます。

 

ですから、正直、あまり心配することはありません。

 

そして審査が無事に終わると、口座開設は完了です。

 

お知らせのメールや郵送が届きます。

 

このお知らせには、パスワードなどログインに必要な情報が記載されていますので、大切に保管するようにしましょう。

 

ステップ4:FXツールを使えるように準備する

口座開設のお知らせを受け取ったら、いよいよトレードを始める為に、ツールを準備します。

 

このツールは会社によって違います。

 

アプリをダウンロードする形もありますし、ウエブブラウザ上で使用するものもあります。

 

その両方を用意している場合もあります。

 

また、多くの会社で、PC用とスマホ用と、それぞれ両方で使用できるツールを用意しています。

 

ツールが用意できたら、入金方法を確認して、口座に「証拠金」を入金しましょう。

 

入金方法も分からなかったら、お問い合わせ窓口に聞けば、丁寧に分かりやすく教えてくれます。

 

ステップ5:ログインしてトレードスタート!

口座への入金が済んだら、いよいよトレードスタートです!

 

この際にオススメしたいのは、最初から『リアルトレード』でトレードを行うことをオススメします。

 

FX会社の多くには、現金を基にトレードする『リアルトレード』と、現金を基にしないゲームの様なイメージの『デモトレード』があります。

 

世間一般の多くの人は『リアルトレード』で最初からトレードしていくことを勧めていますがまずはデモトレードでいいでしょう。

 

しかし、リアルトレードで実践を重ねるのを優先させたい場合はリアルトレードでも構いません。

 

ですがその場合はものすごく少額でトレードするように注意してください。

 

特に、1,000通貨で始めるのであれば、失敗しても大体数十円とか数円で済みます。

 

注意事項:1,000通貨でまずは慣れましょう

次にこれからFXをスタートする方には、『1,000通貨対応』の会社を選ぶことをオススメします。

 

日本のFX会社で一般的なのは、『10,000通貨』でのトレードです。

 

すごく簡単に言うと『1,000通貨』の場合、『10,000通貨』の10分の1の規模でスタートできます。

 

最初にFXをスタートするのに、日本の一般的な『10,000通貨』対応のFX会社では、証拠金がだいたい4万円必要になります。

 

しかし、『1,000通貨』であれば、10分の1の約4,000円からスタートすることができるのです!

 

最初はあまり高額な資金を投入したくない人も、『1,000通貨』なら、比較的安価にスタートできます。

 

これは、初心者にとっては、とても大きなメリットだと言えます。

 

次に、『1,000通貨』は『10,000通貨』の10分の1の規模でのトレードになりますので、多少最初数回トレードに失敗しても、その損の規模は10分の1で済みます。

 

イメージとしては、1回のトレードの損失が、数十円からすごく大きくても数百円の損失で済むような感じです。

 

最初はこの位で始めて、慣れるまで練習することをオススメします。

 

上級者になっても、毎回のトレードに全て成功するということは、考えられません。

 

特に最初は、上手くいったり失敗していきながらやり方を覚えていく、それがFXなのです。

 

もちろん、言うまでもなく1,000通貨は、10,000通貨に比べて、利益の規模も10分の1になるので、なるべく早い段階で10,000通貨にシフトしていくようなイメージを持っておく必要はあるでしょう。

 

【関連記事:プロトレーダーがオススメする国内口座】

 

FX海外会社にもメリットはある

ところで、実際のトレーダーの中には、海外のFX会社を好んで使用している人も多くいます。

 

『億り人』(おくりびと)と呼ばれる、年間億単位で稼ぐトレーダーの多くは、海外の会社を使っています。

 

簡単に言うと、そのメリットは『レバレッジが大きい』ということです。

 

日本のFX会社のレバレッジは最大25倍と決められていますが、海外の会社は100倍とか888倍とかと、とても大きいレバレッジをかけることができます。

 

ただし、その分リスクも大きいのは言うまでもありません。

 

そんな海外のFX会社についても、また機会を改めて、メリット、デメリットを紹介したいと思っています。

 

【関連記事:国内口座と海外口座の違いは?!】

 

FX初心者がトレードを最短・最速で始める手順まとめ

今回は、FXの始め方の流れについてご紹介してきました。

 

分かりやすく説明できるように、なるべく簡単に、必要最小限のことだけ紹介してきました。

 

しかし「FXを始める」ということと「FXで勝ち続ける」というのは全く別物です。

 

ただ、トレードを始めることができなければ利益を出すこともできないのでまずは「トレードできる体制」を整えてから勉強していくのも方法の一つです。

 

あとはあなたの考え方に依存する部分が強いのでご自身でどのように進めていくのがベストなのか決めてください。

 

正解なんてないですから!

 

そして困ったら私に相談してくださいね^^

 

ご相談はこちら

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。